【人気記事】ロハコで無印良品をお得に買おう

ネットショップを開業するならSTORESがおすすめな理由

スポンサーリンク
サービス

インターネット上で何かを販売する方法は、いろいろな種類があります。

私もいろいろと検討した結果、STORES を選択しました。

その経緯も含め、なぜSTORESを選んだのかをまとめてみました。

様々な販売方法

ネットは自由度が高いです。

そのせいで、迷ってしまうという事が起きます。

あれもいい、これもいい、こっちがいいかも・・・可能性は無限大です。

そんな中で、代表的な方法を3つ集めてみました。

モール型ショッピングサイトで開業

誰でも知っている大型ショッピングサイトに店を開く方法です。

大型ショッピングサイトというのは

  • 楽天
  • Yahoo!ショッピング(Paypayモール)
  • Amazon

などという、超有名サイトがこれにあたります。

イメージとしては、百貨店やイオンモールみたいな場所で商売する感じです。

百貨店・イオンモールのような場所で商売するには、まず家賃・テナント料が必要です。

そして、売上に応じた手数料も徴収されます。

家賃・テナント料を取らずに、手数料で徴収するパターンもありますね。

これをモール型ショッピングサイトでのネットショップ開業に当てはめると

  • 月額利用料と言うなの家賃・テナント料がかかる
  • 売上に対して、手数料がかかる。
  • 売上に応じて、手数料が変わる時がある。
  • 売る商品によって手数料が違う。

といった感じです。

この、モール型ショッピングサイトのメリットは「◯◯という場所で買っている」という購入に対する安心感が生まれることです。

そして、Tポイントや楽天ポイント、Amazonポイントなどの独自ポイントを使った買い物が出来るという点も大きいです。

また、商品を購入するときに、AmazonならAmazon内検索でたどり着いてくれるというのもメリットだと思います。

デメリットとしては有名なものの力を借りることが出来るので、その分こちらが支払う対価も高めです。なので利益率が低くなりやすいです。

多くのお店が大量に出品している分、どうしても価格競争に巻き込まれる可能性が高いです。

また、決まったデザインでの販売になるので、画像でオリジナリティを出すのが精一杯です。

ASPを利用したネットショップ開設

ASPってなんぞやとなりますが、これは、アプリケーション・サービス・プロバイダの略です。

いきなり横文字が並びましたが、要はネット上で便利なサービスを提供している会社さんのことです。

今回私が選択した、STOERS(ストアーズ)もその1つです。

イメージとしては、商店街のケーキ屋さんです。

大型ショッピングモールほどではないので、基本的には家賃が取られません。

しかし、毎月いくらか金額を支払うと、運営しやすくなる優遇をしてくれます。

そして、売上に対して手数料がかかります。

ただ、商店街側が便利な機能やお店のデザインをあらかじめ用意してくれています。

これをASPを利用したネットショップの開業に当てはめると

  • 月額料金がかからず運営することが出来る
  • 売上に対して手数料がかかる
  • デザインが変更できるので、オリジナリティが出る

このメリットは、初期費用を抑えてショップ開設ができるということです。

また、手数料や維持費も安く仕上がるので、利益率が高いです。

デザインも40種類以上のテンプレートをカスタマイズすることができたりしますね。

デメリットは、Googleなどの検索で上位に表示されることが難しいので

検索からなんとなくお店を訪れるということが厳しいです。

なので、TwitterやInstagram、noteなどのSNSで情報を発信しつつ運用することが鍵になります。

ただ、あなたのお店を目指して来ている方が多いので、他との価格競争に巻き込まれる事が少ないです。

SNSで個人売買をする

TwitterやInstagramを活用して、直接個人に対して販売する方法です。

情報発信をしつつ、商売をしてしまうやり方なので需要が分かりやすいです。

数量限定な1点物などを販売するにはいいですが、お客様が増えれば増えるほど

お金のやり取りが大変になってきます。

ただ、手数料や固定費が一切かからない方法ではあります。

フリマアプリで販売する

最近流行りの手法です。

これは、モール型に含まれると言ってもいいと思います。

出品自体は無料ですが、販売時や売上を引き出す際に手数料が取られます。

手数料も決して安くはないですが、購入意欲が高い方が多いです。

こちらもモール型同様、他の出品者さんと比較されるので価格競争に巻き込まれます。

メルカリで販売する場合は、オリジナリティがあり、配送方法がメルカリ指定の配送の枠に収まるのであれば、配送料を抑えることが出来るので検討してもいいかもしれません。

BASEを選ばなかった理由

基本無料で使えるネットショップサービスはいくつかありますが

よくSTORES と比較されるのが、BASEです。

BASEについていろいろと説明はしませんが

  • 決済手数料が3.6%と安く見えるが、1決済につき40円固定で取られる
  • 決済手数料とは別にサービス利用料3%かかる
  • 振込手数料が2万円以下だと750円も取られる
  • 最短翌営業日振込のサービスを受けるには審査がある

マイナスのことを並べてみましたが、実際、私にとっては上記内容がネックになりました。

良い点もあったのは事実ですが、結果としてSTORES を選択しています。

STORESの便利な機能

実際にネットショップの開設にあたり、便利だと思った機能をあげていきます。

正直、STORESがここまで使い勝手のいいサービスだとは思っていませんでした。

大まかな機能をお伝えすると

  • アイテム登録関連で5ポイント
  • 顧客管理のしやすさ
  • クーポンが発行できる
  • セット販売でお得にする設定がある
  • noteと連動が可能

といった感じです。詳しくご紹介していきます。

アイテム登録関連

以下にご紹介する機能は、全て無料で使うことができます。

登録した商品の複製が可能

決まったCSV形式でアップロードすることで、一気に商品登録をすることも可能ですが

そこまで大量に商品を販売するわけではないので、手作業でアイテムを追加しています。

その際「ちょっと似た商品」を登録する時があるのですが、この複製機能が活躍します。

クリック1つで簡単に複製出来るのは、非常に便利でした。

購入制限ができる

1回の購入に対して「最大◯◯個」といった形で、購入数を制限することができます。

これの何が便利かというと

なお太郎
なお太郎

限定で50個だけ販売できるけど、多くの人に行き渡って欲しいなぁ。

こういった時に、制限がかけられます。

購入する側からしても「限定50個なのに実際買えたのは数名で買い占め状態」なんてのは面白くないですからね。

残念な点としては、数量制限をかけた場合最大10個までしか購入できなくなります

「最大15個まで」という制限はできないのが、ちょっと考えどころです。

予約販売ができる

この機能によって、在庫過多になる事がありません。

仕入れ商品であったり、完全受注生産品、新物の発売などを予め受け付ける事が可能です。

ロスのない限定販売というのは、ありがたいです。

設定期間も、最長1年先まで予約できます。

定期便が使える

定期便の期間も5種類から選べます。

  • 毎週
  • 隔週
  • 1ヶ月ごと
  • 2ヶ月ごと
  • 3ヶ月ごと

この期間を「毎週」の選択しかできないように設定することもできますし

お客様に間隔を選んでもらう設定も可能です。

定期便のお客様が増えれば増えるほど、安定した収入を得ることが可能になります。

ぜひとも活用していきたい販売方法です。

シールの活用

シールという機能で、商品画像に対して「NEW」「イチオシ」「予約商品」というシールを付けることができます

この機能、一見あまり重要でなさそうですが、かなり便利です。

新商品の差別化や、再入荷商品のアピールなどを行う場合

通常であれば、登録している商品画像を変更して対応することが多いです。

STORESのシール機能を使えば、画像を編集することなくアピール可能です。

また、満足するシールがない場合はオリジナルシールを登録して使用することもできます。

実際に運営してみないと、この便利さは伝わらないかもしれませんが

かなり使える機能ですので是非活用してみてください。

顧客リスト管理

1番やらなくてはいけないことですが、1番面倒に感じることでもあります。

その面倒を完全に取っ払ってくれます。

お客様が購入もしくは問い合わせをしてきた場合

何もせずに自動でリスト化してくれます。

しかも、購入金額・購入回数・最終購入日がひと目で分かります。

そして、デメリットでもありメリットでもあるのが、削除設定がないことです。

誤って顧客情報を削除してしまうことがないのがメリットです。

オープン前に動作テストで問い合わせを使ったのですが、これが消せないのがデメリット。

なんともなところですね。笑

クーポンが発行できる

発行できるクーポンのタイプは3種類

  • ◯◯%引き
  • ◯◯円引き
  • 送料無料

この3つを使うことができます。

シンプルですが、必要なシーンに十分対応してくれるラインナップです。

そして、この3種のクーポンをただ発行するだけでなく

  • 発行枚数を「限定◯◯枚」と制限出来る
  • 1回だけ使用できるのか、何度も使用できるのか選べる
  • 「◯◯円以上の購入で使用」という使用条件を決めれる
  • 有効期限の設定が出来る

ここまで制限が出来るので、十分だと思います。

クーポンも決まった文字列を指定する形式ですので、メールマガジンを活用してクーポンを記載したり

期間限定でショップ内・商品ページ内に掲載する手法も良いと思います。

活用方法は無限大ですね。

まとめ販売で割引

これは2つのパターンがあります。

同じアイテムを複数個買うと割引

「◯◯個以上のご購入で20%引き」という表記を

他の販売サイトで見たことがありませんか?

この設定が可能です。

当然ですが

  • 何個以上で
  • 何個目から
  • 何%引き・何円引き

になるのかというのが設定できます。

AとBを購入すると割引

これは2つのアイテムを購入で割引になるパターンです。

正確にはAグループから1品、Bグループから1品購入すると割引という感じです。

なので「上着グループから1品、ズボングループから1品購入で20%引き!」

「ピアス+ネックレスの購入で300円引き」という設定が可能です。

当然ですが、「これとこれの組み合わせ限定で30%引き」という種類限定のまとめ販売も可能です。

関連アイテムをセット購入することをおすすめできる便利な機能です。

欠点としては、2つセットまでの設定です。

A・B・Cの3点セットというまとめ販売はできません。

有料コース・スタンダードプランで出来ること

基本的に無料で使うことが出来るのがSTORES の強みですが

毎月1,980円支払うと、決済手数料が5%→3.6%に下がります

ちなみにですが、毎月の売上が14万を超えると無料で使うより有料のスタンダードプランで使ったほうが利益が出るようになります。

ただ、個人的には「毎月2,000円以上売上があるなら、1,980円と相殺」と考えたほうが良いと思います。

「そんな、毎月2,000円も支払うなんて!」と思われるのであれば

毎月14万円以上の売上が立つまで、スタンダードプランは諦めましょう。

有料プラン・スタンダードプランを選択することで得られる機能は

  • ショップURLが独自ドメイン「◯◯.com」「◯◯.net」などになる。
  • アクセス解析が見れるようになる
  • 決済方法で「代引き」「AmazonPay」が追加される
  • 決済手段がカスタマイズできるようになる

この4つです。

ドメインと決済方法の追加は、正直微妙なところです。

アクセス解析が見れるようになることの利点は、「どんな人が」「どういう言葉で検索して」「どれくらい滞在したか」が分かります。

有料機能でなくても「Googleアナリティクス」というのを設置することができます。

STORES搭載のアクセス解析より圧倒的に高機能ですが、高機能すぎて複雑です。

使いこなせるのであれば、Googleアナリティクスが良いですが

正直、そこまで高機能のものを使う必要があるかというのが微妙です。

私が有料プラン・スタンダードプランをおすすめする理由は「決済手段のカスタマイズ」です。

私はこれで「銀行振込」「後払い」などの、回収不可能が起きてしまいそうな決済を消しています。

商品を送ったものの音信不通で振込なしということは、意外と多いです。

毎月1,980円の保険をかけている感覚ですね。

「いやー初めてのお客さんなのにこんなに買ってくれてありがたい!」

「何回も買ってるお客さんだけど、今回は結構な額買ってくれてるなー」

こういうお客さんほど蒸発しやすいですので、お気を付けください。

有料のスタンダードプランは月額1,980円ですが、6ヶ月・12ヶ月とまとめ払いをすることで、少し節約することができます。

スタンダードプランのまとめ払い
支払額1ヶ月換算
毎月支払い1,980円1,980円
6ヶ月分まとめ払い10,692円1,782円
12ヶ月分まとめ払い19,008円1,584円

6ヶ月分なら10%OFF、12ヶ月分なら20%OFFという感じです。

長期の運用を考えているのであれば、12ヶ月分の支払いがお得だとは思いますが

いきなり2万の出費は・・・と言う場合もあると思います。

2〜3ヶ月で毎月から6ヶ月支払いに切り替えて、半年後には12ヶ月支払いができるよう

運営計画を立てて取り組んでいくことで、経費削減につなげていきましょう。

noteとの連動が可能

オンラインショップを運営していく上で、SNSは切っても切れない関係があります。

そのなかで、長文アピールができるうえに、ハッシュタグの設定で好きな人を集めることが出来るnoteは絶対に始めるべきです。

noteで商品紹介や運営方針、こだわりなどを定期的に発信することはもちろんですが

そこでnote内であなたのお店に興味を持った場合

note内にSTORESで掲載している商品が全て掲載されます。

noteについて少し違う方向でまとめた記事がありますので

詳細はこちらをご覧ください。

無料登録からスタート

様々なショップ開設サービスの情報を見ましたが

結果として、実際に登録して触れてみた方が分かりやすいです。

多くの種類を見た結果、私はSTORES を選びました。

「1週間後にはここで販売するぞ!」ぐらいの勢いでSTORESを触ってみてください。

配送方法は、お客さん用のQ&Aは、利用規約は・・・

などと触っているうちに、本当にSTORESは痒いところまで手が届くのが分かります。

無料というのは、実際に触って判断できるのが嬉しいところですね。

それでは、良いオンラインショップが開業できますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました