【人気記事】ロハコで無印良品をお得に買おう

スペースで行間開けて「表示・幅・消える・ずれる」なんてダサい検索するのをもうやめよう

スポンサーリンク
Twitter・SNS

資料作成中に

なお太郎
なお太郎

んー。ここじゃないんだよなー。

スペーススペースで・・・

よし、この位置この位置!

そして、作成完了。いざ印刷すると・・・

なお太郎
なお太郎

えー!?

なんだこのズレ具合・・・

スペースの数がおかしいのかな?

ここをこうして・・・

なんて、ダサいことやってませんよね?

もうやめにしませんか?と訴えかけてくれる本を発見したので

詳細をチェック!

なんとなくを詰めてくれる本

この本はワードやエクセルなどをなんとなく使っている人向けに書かれているような気がします。

今まで誰かに教えてもらったわけではなく

困ったらネットで検索、近くの詳しい人に聞いて教えてもらう

それが悪いとは言えませんが、分かる範囲が限られてしまいます。

ネットを検索しても、うまく自分が求めているものにたどり着けばいいですが

なお太郎
なお太郎

そうそう!これこれ!!!

と納得行く答えを見つけるのは難しいです。

単純なことであれば同じようなところでつまづいている人もいますが

文字にして表現しづらい、どう検索したらいいかわからないものの答えを探すのは

かなり至難の業です。

古いソフトと最新のものでは便利さが違う

ワードとエクセルに限った話ではないですが

ソフトによっては毎年のように更新版が販売されています。

販売されるのには理由があって

  • セキュリティの強化
  • ユーザーの意見を取り入れる
  • 最新機能を追加する

といった感じです。

そうです。最新版は、古いバージョンでユーザーが困っていた部分に手が届くような

素晴らしい使い方ができる場合があります。

会社体質がいけないのでしょうが、日本の場合

なお太郎
なお太郎

すみません、うちまだ古いエクセルでして・・・

みたいな会話が当たり前のように行われます。

そして、その古いエクセル・ワードに使い慣れている人は

最新式のエクセル・ワードがいかに便利なのかを知りません。

知らないまま、最新式を使い続けているというもったいない状態です。

ゼロからでなく、ある程度の人にこそおすすめ

この本は、とてもインパクトがある題名が付いているので

なんとなく手に取って、これから勉強しよう!と思うかもしれません。

しかし、内容的にはある程度ワード・エクセルを使っている人向けの内容です。

使っているときに感じる不便さや疑問を解決してくれます。

1個の不便さで作業が10秒遅れたとしたら

その不便さが6回で1分、60回で10分無駄にしています。

時短や効率化が求められているこの時代に、あまりにも非効率だと思いませんか?

全角 半角 消える 消す ずれる 幅

こんなワードで検索していませんか?

その検索をしている時間をカットして

自身の能力と時間効率を向上させてくれる。

そんな1冊になっています。

これを習得して、サクサク事務処理をこなしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました