【人気記事】ロハコで無印良品をお得に買おう

結婚準備中の方必見!結婚式のブーケをプリザーブド加工で長期保存!?

スポンサーリンク
サービス

一生に1度の結婚式。

式の中でお花の役割はとっても重要です。

特に生花のブーケは、ウエディングドレスのお供でもあり象徴です。

写真に収めるのは当然ですが、今ではブーケをそのままの形で保存できる時代です。

大切な日のブーケを部屋に飾って、幸せな時間を毎日思い出すことができる。

とっても素敵な時代です。

ブーケの形をそのまま残せる

ブーケの大きな特徴は、そのデザイン性だと思います。

私達の結婚式で作ってもらったブーケがこちらです。

奥さんの親族に洋蘭を栽培している方がいらっしゃったので

ブーケはもちろんのこと、髪飾りから会場の装飾から

かなり大量に使わせていただきました。

奥さんのドレスは、白のウエディングと淡いピンクのカクテルドレス。

どちらにも似合う素敵なブーケを作成していただけました。

そして、そのブーケを保存したものが・・・と言いたいところですが

私が「ブーケをそのまま残せる」事を知ったのは最近です。

今から挙式予定がある方は、絶対にこういった情報を先に知っておくべきです。

知っていたら確実にブーケを残していました。

ちなみに、私のブートニアはこちらでした。

幸せな空間が広がる

実際にブーケをリアルに残すと、こうなるようです。

画像は、ウエディングブーケ保存加工専門店Fatina Fiore さんからお借りしました。

サイズが269mm × 319mm × 117mmなので、結構大きいです。

ただ、奥行きが117mmですので、ブーケを半分にしたような状態になりますね。

いいですよねー。

これがお家にあるだけで、当日の思い出が蘇ってきます。

写真でもいいかもしれませんが、結婚式の写真をずっと飾るのって

来客なども考えると少し抵抗があります。

でも、このブーケならお部屋との相性も良さそうです。

いいなー。本当に飾りたかった。

当日以降、数日で枯れてしまう運命のブーケが

インテリアとして生まれ変わってお部屋の一部になり、生活の一部になる。

素敵です。

気になるのは、どれくらいもつのか

ドライ加工を施されているといっても、もとは生花です。

なので

  • 高温多湿
  • 直射日光・直接照明
  • ストーブの近く

などの状況は避けるのは当然です。

それでもやはり、時間の経過によって、お花の変化や退色は避けられないと思います。

永遠に変わらないのもいいですが、時間をかけてゆっくり劣化していくのも

味が出てくるので私は好きです。

恋人が夫婦になり、家族になるという時間の中で

ブーケも一緒に歳を重ねていく。

ウエディングブーケ保存加工専門店Fatina Fiore さんでは、劣化を極力防ぐために

密閉性の高いフレームに入れてくれているみたいです。

それでも劣化が気になってしまう方には、メンテナンスも行ってもらえるとのこと。

完全ハンドメイドで作成しているだけあって、アフターケアも万全です。

挙式当日でも対応してくれる

正直、オールハンドメイドで気密性の高いフレームに入れるということは

安く仕上がるものではないです。

結婚式の費用として考えたとしても、どうにか安く仕上げたいから諦める・・・

と、なるかもしれません。

しかし、当日になって本物のブーケ・ブートニアを見ると

その日だけで終わらせてしまうのは、本当にもったいなく感じます。

私達は式で使用後、10日間ぐらい水を変え・手入れをしていましたが

最終的には処分になりました。

それもそれで、いい思い出ではありますが

式を終えてしばらく経ってから「ブーケを保存するサービスがある」という事を知り

もっと早く知っていれば・・・と後悔しています。

費用的に諦めていても、当日に「やっぱり残したい!」となるかもしれないです。

そういった急なタイミングでもウエディングブーケ保存加工専門店Fatina Fiore さんは対応してくれます。

ただ、生花を素材にしているので、できるだけ速いタイミングでの依頼をしないと

お花が劣化した状態をもとに戻すことはできないので、注意が必要です。

思い出を形インテリアに

結婚式は1回なので、当日のブーケの数も限られます。

人によっては、お着替えに合わせてブーケを多数用意する方もいらっしゃると思いますが

私達は1個で済ませました。

チャペルでの挙式、ウエディングドレスで入退場、カクテルドレスで入退場

ずっと一緒に写真に収められているブーケを

当日だけでなく、ずっとインテリアとして一緒に過ごすことができるのは

本当に幸せなことだと思います。

私達は「ブーケを残すことができる」という情報を知りませんでした。

なので、今後、結婚5周年などのタイミングで贈ったブーケや

子供が生まれた時にブーケと撮影したりと

そういった場面のブーケを残すことができればと思っています。

結婚式のブーケは残したかったなぁ。

ここまでご覧頂いて、ありがとうございました。

結婚式のブーケと共に過ごす、素敵な毎日・・・憧れますね。

ブーケの保存加工でウエディングブーケを新居に飾ろう
ウェディングブーケ

コメント

タイトルとURLをコピーしました