【人気記事】ロハコで無印良品をお得に買おう

OPPO Reno3Aが向いている人はこんな人!簡単解説

スポンサーリンク
スマホ

指原莉乃さんのCMで知名度が増しているOPPOのスマホReno

今回は、ミドルスペックのポジションにある「OPPO Reno 3A」についてです。

ミドルスペックで4万円を切る価格帯での販売が話題となっています。

スペック等々いろいろありますが、できるだけ簡単に

OPPO Reno 3A」が向いている人はこんな人!というのをご紹介していきます。

なお太郎
なお太郎

スマホが複雑化してきてるからね!

時間のない方向け動画

なんと、Reno3A本人?が簡単に自己紹介をしてくれている動画があります。

Reno3 A 自己紹介ビデオ

と、言う感じです。

動画の詳細は

  • 4眼カメラ搭載(超広角レンズあり)
  • 4,025mAhのバッテリーは急速充電対応
  • おサイフケータイあり
  • 防水・防塵対応

をさらさらっと1分半以下で紹介しています。

より詳しく紹介している動画はこちら。

OPPO Reno3 A プロダクトビデオ

カメラとパフォーマンスについて5分で解説しています。

OPPO Reno 3Aの特徴

動画をご覧になった方は、繰り返しになる可能性が高いですが

一応、文字でまとめていきます。

4眼レンズで高画質撮影

一昔前は単眼レンズという、レンズが1個のものが主流でしたが

今では複数レンズが当たり前になってきています。

OPPO Reno 3Aは4つのレンズを搭載しています。

  • 超広角レンズ(広い範囲を撮影するため)
  • メインレンズ
  • モノクロレンズ(明るさをよりはっきり写真に反映させるため)
  • ポートレートレンズ(ぼかす距離感を掴むため)

すべての場合で4つのレンズが同時に可動しているわけではないですが

この4つのレンズのおかげで高画質な写真を撮影しています。

なかでも、広角レンズとナイトモードは評判が良いです。

防水・防塵

最近のハイスペックなスマホでは当たり前になってきましたが

OPPO Reno 3Aのように4万を切る価格帯のものでは、非対応のものもあります。

対応しているもんだと思い込んで購入してしまうと

非常に残念な思いをする可能性がありますので、しっかり確認しましょう。

一応、細かいことをお伝えすると

防水:IPX8
防塵:IP6X

の基準を満たしています。

おサイフケータイ対応

キャッシュレス決済が普及してきたので、おサイフケータイやQUICPayを使うタイミングは結構増えてきました。

おサイフケータイを日常的に使っている方からすると、使わない選択肢はないです。

それぐらい切れないものになっていると思います。

なお太郎
なお太郎

私もおサイフケータイ必須派です!

この機能がないだけで、私は対象外にしますね。

OPPO Reno 3Aの微妙なところ

ここに列挙している物を見て

奥さん
奥さん

それはちょっとやだなー

と、少しでも引っかかるところがある人は、

OPPO Reno 3Aは辞めておいたほうがいいです。

あくまでもミドルレンジ

価格が4万程度ということは、中身はそれなりです。

決してiPhoneやXperia、Galaxyの最新機種と比較しないでください。

普通車と軽自動車を比較するぐらい違いますので。

良くも悪くもそれなり

ミドルレンジと同じ話になりますが、

  • ネット閲覧
  • SNS各種
  • Youtubeなどで動画を見る
  • 写真を撮る

このあたりは問題はありませんが、多少カクつくことがあるようです。

何で問題が出るかと言うと、スマホに高い負荷がかかることをしたときです。

普通に動画を見るならいいですが、HuluやAmazon プライムビデオを最高画質で見続けたり

レスポンスが重要なスマホゲーは多少カクついたりすることがあります。

アップデートで改善されたものもあるようですが

バッテリーを犠牲にして高パフォーマンスモードにすることで乗り切れることもあるようです。

一応、ゲームブースト2.0という性能をうたっていますが

軽自動車のターボと普通車以上の加速を比較しているようなものなので

「ゲーム用にブーストしてくれる」という期待をしすぎると怪我します。

スピーカーがモノラル

本体付属のスピーカーはモノラルスピーカーとなっています。

本体から鳴る音で、お風呂などで手軽に音楽や動画を楽しみたい方には

多少物足りない音質になってしまうかと思います。

イヤフォンやBluetoothスピーカーなどを経由して音を鳴らすのであれば

気にする必要がない場所です。

ちなみにですが、OPPO Reno 3Aにはイヤフォンジャックがありますので

有線イヤフォンでも問題ないです。

OPPOというメーカーに懐疑的な人

OPPOという会社は中国の会社で、スマホの世界シェアが5位となっています。

流通している国は世界40ヶ国ですが、アジア・ヨーロッパ中心でアメリカでの展開はないとのこと。

2004年に設立して、携帯電話事業は2008年よりスタート。10年後の2018年2月に日本に参戦しています。

この中国の会社に対して、懐疑的になる方は無理だと思います。

なお太郎
なお太郎

中国の会社は怪しい・・・
セキュリティーが心配。

正直、iPhoneでもXperiaでもその他の大手スマホメーカーでも

緊急のセキュリティーパッチというものが配布されたり

重大なセキュリティーの脆弱性はよく発見されています。

OPPOを信じれるかどうかは、あなた次第ですね。

結論:ふつうに使う人は最高なスマホ

人によって普通は違うと思いますが、ここでの普通とは

  • 操作性が重要視されるようなゲームをしない
  • スマホでハードな動画編集を行わない

この2つが当てはまる方です。

ハードなゲームと作業は諦めてください。

高パフォーマンスモードにして乗り切ることも可能ですが、その状態を長時間続けることは

スマホ自体の寿命を縮める可能性があります。

主にバッテリー性能ですね。

なので、OPPO Reno 3Aに向いている人は

  • スマホをハードに使わない人
  • 防水・防塵を求めている人
  • おサイフケータイが使いたい人
  • 4万以下という価格帯でスマホを探している人

ずばりこういった方にお勧めします。

スマホもミドルレンジのものが充実してきて、面白くなってきましたね。

OPPOは日本での展開に意欲的なようなので、今後もどういった物が登場してくるか期待です。

購入時の注意点

OPPOのスマホ本体はAmazonなどでも販売があります。

それは「販売」があるだけであって、「正規品」の販売ではないです。

OPPOが直接Amazonに出店している公式販売、正規代理店は存在しません。

それでも誤って購入させようとしているのか「正規代理店品」と書いた商品が、さも正規品のように出回っています。

これは格安Simとセット販売されていた本体を、回線解約後に本体だけ転売しているものになります。

「正規代理店品」、正規代理店で扱っていた品ですよーって意味ですかね。

どちらにせよ、購入する側のミスリードを狙っているようにしか見えません。

回線なしの本体だけ購入する場合は、YAMADA電機ビックカメラ(楽天内)などの大手からの購入をお勧めします。

本体価格を安く抑える方法

本体単体で購入した場合は、約4万円の出費になります。

これを、OCNモバイルONEに乗り換えて本体を購入すると

本体価格27,300円からさらに5,000円割引されて、22,300円で購入できます。

OCNモバイルONEはNTT直結の格安Simなので安定したサービスを受けつつ

通信費を抑えられます。私もiPadはOCNモバイルONEで運用中です。

検討の価値はあると思います。

本体のみの販売は行っていないので、そこだけは注意です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました