【人気記事】ロハコで無印良品をお得に買おう

モンベルマスクが再販!?薄手になって新登場!!

スポンサーリンク
国産

2020年5月7日までの予約抽選販売で9万枚を完売したモンベルのマスク。

再販はされないとのメールが届いていましたが

まさかの夏用マスクとなってリニューアル販売!!!

前回は抽選漏れしましたが、今回も即登録しました。

スポンサーリンク

マスクの素材はウィックロンクール

聞いたことない素材ですが、実はこのウィックロン、モンベルの独自素材です。

ポリエステル繊維にはなるのですが、その素材の特徴がこちら。

  • 驚異の速乾性と通気性
  • 光触媒効果でにおいを抑える
  • 優しい肌触り
  • ナチュラルな風合い
  • 透けにくく、優れたUVカット効果を備える
  • 耐久性に優れ、毛玉ができにくい
  • 紫外線遮へい率90%以上

出典:モンベル | オンラインショップ | wickron® ウイックロン®

モンベル製品では、ウィックロンは主にTシャツの素材として使われています。

このウィックロンTシャツ、アウトドアブランド好きではファンも多く

5年以上ハードに愛用してもヘタレないという声をよく聞きます。

私はTシャツをあまり着ないスタイルなのと、プリントのデザイン性がちょっと・・・

というのもあり、敬遠していましたが、確かに物は良いです。

今回のマスクに使用されるのは、ウイックロンではなく、ウイックロンクールです。

ウイックロンはコットン風素材ですが、クールになるとより速乾性が増すのですが

少し化学繊維感が増します。

想定はしていなかったと思いますが、この素材、どう見てもマスク向きな素材ですね。

スポンサーリンク

前回のマスクは中央にポケット付き

マスクの装着している写真と、実物の写真がこちら。

マスク左下にmont-bellのロゴがあります。

マスク生地の間にポケットがあり、不織布やガーゼなどを挿入して使用するとのこと。

手作りマスクが増え始めましたが、この立体構造はいいですね。

そして、布マスクは布だけですが、このマスクは間にフィルターを挿入できます

布では目が粗すぎて通過してしまうのを、使用する本人が加減できるのです。

私も手元に布マスクがありますが、布マスクの上に不織布マスクを重ねて使用しています。

なお太郎
なお太郎

布マスクだけではちょっと不安だな。。。

という思いを、見事にカバーしてくれています。

公式サイトでも赤字で注意書きがありますが

  • 単体ではフィルター機能はありません。
  • 花粉やウイルスを防ぐサージカルマスクではありません。

あくまでも手作り布マスクの延長というとらえ方でしょう。

しかし、見た目を変えずに中に仕込めるという機能は画期的です。

黒い活性炭フィルターを入れても、透けるかもしれませんが黒マスクより威圧感はないと思います。

なにより「mont-bell」のロゴがかっこいい。笑

新マスクは「ウイックロン ポケマスク ライト」

前回の商品名は「ウイックロン ポケマスク」でしたが、今回は「ライト」が追加されています。

前回のマスクと何が違うかと言うと、マスク外側の生地が2枚から1枚に減っています。

確かに前回のマスクより薄くなりました。これをどう考えるかですね。

ウイックロン生地が1枚薄くなっている分、通気性が上がって呼吸しやすくなっています。

元々、飛沫防止のためのマスクなので、中央に自分でなにかフィルター的なものをいれれば

外側が1枚でも2枚でも変わらないのかもしれません。

価格は1枚980円で送料無料

商品の詳細スペックがこちら

価格980円+税 (送料無料)
入数1枚
素材(本体)ウイックロンクール[ポリエステル]
(耳ひも部)ナイロン、ポリウレタン
サイズスモールサイズ(S):8×15cm
レギュラーサイズ(M):8.5×17.5cm
原産国日本

前回の1,200円でもやすいと思ったのに、生地が1枚へっているからか

さらに安い980円で送料無料・・・大丈夫ですかこれ?

モンベルさん、もっと高く販売していいですよ!!!

スポンサーリンク

売上の50%はアウトドア義援隊の資金へ

モンベルさんは、このアウトドア義援隊というのをしっかり説明したほうが良いと思うんです。

公式サイトから引用すると

災害支援・アウトドア義援隊について

1995年1月に発生した阪神淡路大震災で、モンベル代表の辰野勇が、アウトドア関連の企業や団体に呼びかけて組織したボランティア集団。東日本大震災の発生時にも組織され、多くのボランティアの協力のもと、独自のネットワークを生かし、個人や企業から寄せられた救援物資約300トンを被災地に届けました。
アウトドアで培った経験や知識、そして機能的な道具が、いざというときに役立つことを実感し、野外活動に親しむことの意義を啓発するきっかけにもなりました。

つまり、私設の災害支援ボランティア団体です。

過去の災害支援活動については、こちらをご覧ください。

今回、モンベルがアウトドア義援隊として行っていることは

  • 4月16日 スリーピングバッグカバーの素材、デュポン社製「タイベック」を使った防護服の試作品作成。病院の先生に見てもらう。
  • 4月20日 感染防護服の試作品5点を提供
  • 4月27日 へタイベック素材の防護服を合計55着提供
  • 4月28日 国立大学法人 東京医科歯科大学医学部附属病院にレインウエア200着を提供
  • 4月30日 へタイベック素材の防護服合計50着、レインウェア上下30着などを提供
  • 5月1日 防護服合計50着、レインウエア10着を提供

出典:モンベル|新型コロナウイルス感染症に対する支援援助金の受け付けについて

この情報は随時更新されていっています。

このモンベル製の防護服をテレビで見ました。モンベルロゴ付きでしたね。

こういった医療機関への支援活動を、このマスクを買うことで少しだけ支援できます。

活動状況(2020年7月13日更新)

2020年7月13日までの活動報告として

防護服20,537着
フェイスシールド17,159個
レインジャケット430着
シールドグラス20個

という数量が報告されています。

1つの企業が善意で活動しています。

本気でマスク1枚980円じゃなくて、値上げしてもらって構わないと思うのですが・・・

申込みは8月2日23時59分まで

購入はこちらから行えますが、抽選販売です。

1人あたり最大5枚(サイズ組み合わせ自由)となっています。

少し気になるのは、抽選販売とは書かれていますが正確な販売枚数は書かれていません。

前回は9万枚限定で、1人最大2枚まででした。

手元にmont-bell製のマスクが届いて、医療機関への支援にもなる。

今季最高の買い物だと思っています。

自粛とは相反して激務の中にある、医療関係者さんの手助けになりますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました