【人気記事】ロハコで無印良品をお得に買おう

モンベルマスクに当選!あれ?でもベトナム製?当落の裏側とは

スポンサーリンク
国産

2020年5月7日までの予約抽選販売で9万枚を完売したモンベルのマスク。

再販はされないとのメールが届いていましたが

まさかの夏用マスクとなってリニューアル販売!!!

私は無事に当選しましたが、ちょっとSNSがざわついています・・・

無事に当選!

本当は1回目のマスクに当選してもらいたかったですが、落選したんで文句は言えません。

ドキドキしながら当落を待っていたら・・・

大勝利!

5個まで注文可能のようでしたが、必要最低限を頼んだのがよかったのかどうか

真相は闇です。

私は無印のマスクも愛用しているので、これで布マスク入手戦争は終わりだと思います。

発送日に違いあり

今回、私は当選していますが、公式サイトには何故か今回の販売予定数が書かれていませんでした。

最初のモンベルマスクは9万枚の販売予定数と明記されていましたが、今回はなし。

前回は1人2枚までの購入制限でしたが、制限も1人5枚までに緩和。

なんだろうな・・・と思っていました。

そして、なんとなくSNSで当落を見てみると、マスクの発送予定日に結構差があります。

さきほどの画像と同じですが、私の発送予定日は「8月22日」です。

しかし、Twitterなどを見ると

  • 8月22日
  • 8月29日
  • 9月5日
  • 9月12日
  • 9月19日

この5種の発送予定日が見受けられました。

全て土曜日なので、もしかしたら「8月15日」「9月26日」の人もいるかもしれませんが

私の検索では発見できませんでした。

そして、落選した人も発見することができませんでした。

日本製?ベトナム製?

そして、これが物議を醸してます。

恐らく、9月下旬までの発送の方々が手にするのは日本製です。

モンベルの抽選販売ページにもしっかり日本製との表記があります。

しかし、一部のユーザーに届いているメールには「ベトナム製のものでもよければ」的な文章があります。

そのメールを要約すると

  • 当選は当選
  • 9月下旬納品分までには間に合わない
  • 10月下旬頃に追加製造分を送ります
  • ただ、追加製造分は日本製でなくベトナム製です

これを見て「なんで勝手にベトナム製に変えてるんだ!!!」と激怒している方が多く見受けられますが、これは実質落選です。

落選ですが、モンベルマスクが一生手に入らないのではなく、救済措置としてベトナム製でもよければどうぞという話だと思います。

なので、「国産だから欲しかった」方はお怒りでしょうね。

モンベルが好きな人には関係ない話です。

私はモンベルが好きなので、日本製でもベトナム製でも別に気にしません。

2020.08.08追記

ベトナム製なら買えますよー的なメールが届いた方には

「言葉足らずですいません!」的なお詫びのメールが届いてるそうです。

メールの内容は

  • 前回を踏まえて十分な量を確保したが、それでも足りなかった
  • 急遽、追加生産を検討して手配を進めた結果がベトナム製になった
  • 抽選からもれたけど、ベトナム製なら購入できます
  • 日本製で募集したけど、結果、ベトナム製をおすすめしてすいません
  • 日本製ではないけど、自社基準は満たしているから問題ないよ!

といった感じでした。

モンベル製品の多くがベトナム製ですからねー

あまり気にしないでいい、むしろベトナム製でも手に入るならラッキーぐらいに思っていいのではないかと思います。

予想:普通に買えるようになるかも?

これは根拠は何も有りません。

しかし、モンベル製品はベトナム製が結構あります。

そして、「ベトナム製のマスクでよければ」という代替案を出してきたということは

モンベル側が量産体勢を考えているのではないかと思います。

2回、抽選販売という形でマスクを販売しています。

1回目の販売から3ヶ月経って、生地を1枚薄くした改良品を送り込んできたのが今回です。

これは、製品として十分完成したとの判断ではないでしょうか?

なのでベトナムでの製造も考え、10月末にはオンライン・モンベルストアに並んでいくのではと予想しています。

考えてもみてください。

夏用!夏用!と言ってますが、夏用のマスクで問題ないのであれば

わざわざ冬用に生地を分厚くして息苦しいマスクを付ける必要あります?

今まで存在していた使い捨てマスクなんて、夏でも冬でも同じマスクしてたじゃないですか笑

今回の当落への反応は、モンベルが好きなのか日本製だから欲しいのかが分かれる結果でした。

私は今月中に手に入りそうなので、届き次第レビューしていきます!

売上の50%はアウトドア義援隊の資金へ

モンベルさんは、このアウトドア義援隊というのをしっかり説明したほうが良いと思うんです。

公式サイトから引用すると

災害支援・アウトドア義援隊について

1995年1月に発生した阪神淡路大震災で、モンベル代表の辰野勇が、アウトドア関連の企業や団体に呼びかけて組織したボランティア集団。東日本大震災の発生時にも組織され、多くのボランティアの協力のもと、独自のネットワークを生かし、個人や企業から寄せられた救援物資約300トンを被災地に届けました。
アウトドアで培った経験や知識、そして機能的な道具が、いざというときに役立つことを実感し、野外活動に親しむことの意義を啓発するきっかけにもなりました。

つまり、私設の災害支援ボランティア団体です。

過去の災害支援活動については、こちらをご覧ください。

今回、モンベルがアウトドア義援隊として行っていることは

  • 4月16日 スリーピングバッグカバーの素材、デュポン社製「タイベック」を使った防護服の試作品作成。病院の先生に見てもらう。
  • 4月20日 感染防護服の試作品5点を提供
  • 4月27日 へタイベック素材の防護服を合計55着提供
  • 4月28日 国立大学法人 東京医科歯科大学医学部附属病院にレインウエア200着を提供
  • 4月30日 へタイベック素材の防護服合計50着、レインウェア上下30着などを提供
  • 5月1日 防護服合計50着、レインウエア10着を提供

出典:モンベル|新型コロナウイルス感染症に対する支援援助金の受け付けについて

この情報は随時更新されていっています。

このモンベル製の防護服をテレビで見ました。モンベルロゴ付きでしたね。

こういった医療機関への支援活動を、このマスクを買うことで少しだけ支援できます。

活動状況(2020年7月13日更新)

2020年7月13日までの活動報告として

防護服20,537着
フェイスシールド17,159個
レインジャケット430着
シールドグラス20個

という数量が報告されています。

1つの企業が善意で活動しています。

本気でマスク1枚980円じゃなくて、値上げしてもらって構わないと思うのですが・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました