【人気記事】ロハコで無印良品をお得に買おう

ビクトリーロードサーキット 52秒台セッティング【超速グランプリ攻略ブログ】

スポンサーリンク
超速GP
なお太郎
なお太郎

新しい宗教
小径ローハイト教の誕生だ!!!

スポンサーリンク

新仕様であたふたグランプリ

いろいろと変わりました。

いや、変わりすぎたのかもしれません。

今までの鉄板だった、前後異径セッティングが、ほぼ死にました。

そして、今のコースから考えると

もしかしたら、小径小径のセッティングは

今後ほとんど出番がない可能性すらあります。

最高速を叩き出す順番が、大径大径→中径中径→小径小径となってしまった以上

大径大径の速度域を、ローラー減速や最高到達時間の調整で

以下にねじ込んでいくかに左右されるゲームになった気がします。

一応、動画もあるよ

動画で簡単にご覧になりたい方はどうぞ。

【超速GP】ビクトリーロードサーキットで何故か好成績?!セッティング公開【ミニ四駆超速グランプリ】
スポンサーリンク

新仕様で52秒台

どうにかこうにかたどり着きました。

足回り関係は、既存のシステムや考え方を全て捨てる必要があります。

その他の考え方については、以前と同じで大丈夫です。

セッティング

使用しているパーツはこんな感じです。

若干強化したので、マシン診断のときとは少し数値が違います。

セッティングのポイントとしては

  • ひたすら節電を盛る
  • パワー・パワーロスがある程度要求される
  • スタミナも盛り盛り
  • コーナー減速も極力下げる

こんな感じです。

パーツごとの詳細を見ていきます。

ボディ

外見はブロッケンですが、伝承によりスキルが別物になってます。

メイン:節電UP+
サブ1:スタミナ耐久UP+
サブ2:節電

です。

サブ2は成功率30%なので、素材の確保が比較的楽なものを入れるべきだと思います。

今回の場合は節電を入れてます。

店売りのある、スーパードラゴンJr.の確保は大切です。

スタミナ耐久UP+は、同じFMのネオバーニングサンを1つ犠牲にしました。

★7に進化していますが、改造は当然スタミナ耐久です。

通常強化は、限界軽量2に節電4です。

シャーシ

FM強化シャーシの最軽量改造です。

スタミナ耐久を少しでも上げに行ってます。

モーター

パワー1枠入れたレブを使ってます。

スピードMAXレブでもいい気がしますが、なぜかあまりいいタイムが出ません。

おそらく、パワーが大切なのでしょう。

ホイール

前後、小径ローハイトのフロントです。

理想は小径ローハイトワンウェイのフロントを前後だと思います。

それか、小径ローハイトWエアロのフロントですね。

理由としては、通常の小径ローハイトより

スピードロス値が200も改善されています。

スターテス的に優位なので、小径ローハイト教に入信するなら

手に入れたい・・・手に入れたかったアイテムですね。

今後、手に入れられる機会があったら手に入れてください。

強化は両方ともパワー・パワーロス改造です。

スポンサーリンク

タイヤ

アイテムとしては「小径ローハイトWスポンジ・フロント」以外の選択肢はないのですが

改造が難しいです。

現在は、フロントに摩擦最大盛り、リヤにパワーロス最大盛りで走っていますが

おそらく摩擦最大盛りが不要です。

空転しないギリギリの摩擦で走り、極力パワーロス値を上げていくべきです。

その限界値を見極められていないので、タイムがあまり出てないのかなーと思います。

新システムで難しいところはここですね。

その他

特に特殊なところはないと思います。

フロント・サイドステーは耐久盛りで

ローラーは全てつるつるの摩擦・抵抗抜き。

1箇所低摩擦なのは、コーナー減速率を下げに行ってます。

ゼロスラにすると、耐久が下がるのでまだ試してません。

アッパー2段のゼロスラ用耐久盛りまで作ったほうがいいのか・・・悩みますね。

マシン診断

診断の値はこちら。

正直、あまり参考にならないと思います。

ブレーキ:ソフブレがあまりにも有効すぎて

今回のガチャでソフブレ引けてないと、この速度域が出せません。

ソフブレより劣る、リヤゴムローラーで最初は攻略していましたが

最初のドラゴンバックでオーバースピードになって弾かれるようになりました。

その後、ソフブレ入手により、様々なアプローチを行っていますが

この程度の速度域だと一切飛ばないようです。

大径にして38kmぐらいになってくると飛ぶという話を聞きましたが・・・

今回大切なのは、節電・耐久・ソフブレ。

これしかないですね・・・

スポンサーリンク

今後の予想

今回は「史上最長」をうたっていますが

おそらく、今後もロングコースが主流になると思っています。

理由としては、エディットカップの充実です。

エディットカップに意味がある時代になったので、盛んに開催されるようになりました。

エディットカップを超えるコースをグランプリに実装するとなると

長距離は必須になってきます。

実際のミニ四駆の公式大会も

一般的には再現するのが難しい、ロングコースである場合が多いのではないでしょうか。

もちろん、3レーンと5レーンの挙動の違いはあるかと思いますが

エディットカップは3レーンのこじんまりコース

グランプリは5レーンのロングコース

こんな位置づけになるような気がしています。

そうでないと、伝承で高速スキル3つ乗せれば

今まで以上の最短タイムが叩き出される可能性ありますからね・・・。

スポンサーリンク

何にせよ楽しくなってきた!

いろいろと変更がかかって、対応するのも大変ですが

どんどん奥深くなっていく超速グランプリ!

最高ですねー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました