【人気記事】ロハコで無印良品をお得に買おう

【超速GP】ウルトラオフロードサーキット公開!セッティング予想

スポンサーリンク
超速GP

スーパーグレート超速グランプリ1.5次予選で見事に砕け散りましたが

みなさんはいかがでしたかー?

イベントもなく、ハイスピードヘアピンサーキットも特に詰める事もなく

なかなか暇な2週間でした。

本日、ウルトラオフロードサーキットが公開されましたので

セッティングを予測していこうと思います。

追記

初戦終えて、ダートで跳ねません。

ハイスピードヘアピンサーキット同様、最高速度の叩き合いコースになりました。

ただ、芝で重量の影響が出る可能性があるので

最高速度と重量の兼ね合いが大切なコースになりそうです。

ど平面に見えなくもない

まずは、公式の動画から

コースの要素としては、ダートが2回とロングな芝があります。

一見、ダートと芝があるだけの超高速コースにみえなくもないですが。。。

ウルトラパンピングサーキットを忘れない

今までの超速グランプリの中で、唯一ダートと芝が実装された

ウルトラパンピングサーキットというコースがあります。

当時の記事はこちらです。

このコースが公開されて、様々な予測セッティングが出ました。

そして、実際にスタートしてみると

  • オフロード特効UPボディじゃなくても問題ない
  • スパイクタイヤでなくても大丈夫

という微妙な状態。

そんな事よりも、最も問題だったのが

ダート後の謎の小さなバウンドです。

何故かマシンがぴょんぴょんするんじゃ〜

そうです。今回のウルトラオフロードサーキットの懸念点も謎ジャンプです。

ダート後の挙動次第

謎ジャンプは修正されたとの噂もあります。

修正されていたら、何の問題もないど平面の高速サーキットです。

3レーンダートを2枚購入して、テストコースに組み込んでみましたが

3レーンダートでは飛んでいる気配がないです。5レーンでどうなるかは不明です。

修正というか、謎ジャンプが5レーンコースでは正式な挙動だとしたら

スタート直後のダート後の90度カーブと

その後のロングダート後の180度カーブでコースアウトさせられる可能性があります。

ウルトラパンピングサーキットの時は、ダート前に減速できる要素がありましたが

今回のウルトラオフロードサーキットの場合、減速要素があまありないです。

もし、ダートの影響で飛ぶコースだった場合

ホライゾンサーキットのように、ギリギリ飛ばない速度・飛距離を探すレースになります。

芝対策

正確な数値を忘れてしまいましたが、マシン重量が軽ければ芝を無効化できます。

逆に、重量が重ければ重いほど芝の影響を受けやすくなります。

なので、セッティングはできるだけ軽量が望ましい可能性があります。

有効セッティング

ダートの挙動次第になるので、2パターン予測しておきます。

共通して言えるのは、ブレーキは不要です。

ダートで飛ばない場合

現在開催中のハイスピードヘアピンサーキットのタイヤを

オフロード仕様後輪スパイクに変えるだけで通る可能性があります。

ただ、ハイスピードヘアピンサーキットでは、重量が重くてもスピードを盛るべきという考えですが

芝があるので、できるだけ軽量にしつつ最高速度を叩けるセッティングが有利かと思います。

ダートで飛ぶ場合

定期性速度・飛距離が出せればいいので、何でも戦える状態になると思います。

ノマモ・ハイミニで小径・大径の人もいれば

レブチューンを小径・小径でねじ込む人も居ると思います。

ダート・芝を減速に使うために、オフロード特性のタイヤを履かない可能性も出てきます。

個人的には

飛んでほしいです。ダートで飛んでほしいです!

もう、2週間、決まったパーツを叩くだけの超速グランプリはいいでしょ!笑

正確には、パーツを叩くだけのグランプリではないのですが

パーツ完成度が速さに直結しすぎているのが、ハイスピードヘアピンサーキットです。

次節は、セッティングの方向性が割れると

様々な意見が出て楽しいんですけどねー

来週のウルトラオフロードサーキットに期待!

コメント

タイトルとURLをコピーしました