【人気記事】ロハコで無印良品をお得に買おう

新規導入タイプ5シャーシの真価とは?【超速グランプリ攻略ブログ】

スポンサーリンク
超速グランプリ基本編
なお太郎
なお太郎

タイプ4に続き、タイプ5が導入!
はたして真価は・・・

スポンサーリンク

突如登場!タイプ5シャーシ

タイプ5って何だ!タイプ8とか9とかあるの!?と思うかもしれませんが

タイプ5シャーシは、タイプ系シャーシの最終盤です。

それが本日の超速ガシャにて導入されました。

ピックアップされているのは青ですが、黒色のものが★2〜3でも出現するので

今でなくても追々勝手に手元に入ってるシャーシになると思います。

どうしてもコンデレ的な意味合いで青シャーシが欲しい方は、急ぎ狙いましょう。

スポンサーリンク

他タイプ系シャーシとの比較

タイプ1シャーシも存在しますが、どういうわけか使う人があまりいません。

そもそもFM使いなんでタイプ系シャーシに興味が薄いのですが、比較してみました。

頭も薄いです。

タイプ2
シャーシ
タイプ3
シャーシ
タイプ4
シャーシ
タイプ5
シャーシ
スピード2042020
パワー01600
コーナー
安定
8.167.688.167.92
スタミナ
耐久
14.416.21920
重さ17.718.61817
スラスト角1111
制震100100100100
ギヤ負荷950930900940

では、特徴を見ていきます!

高スタミナ耐久値

タイプ4シャーシのスタミナ耐久19もわりと高いと思っていましたが

タイプ5シャーシは更に上回るスタミナ20です。

重さは最軽量

シャーシとボディは全パーツのなかでかなり重い部類です。

軽量化改造で軽くできるので、6枠全てに軽量化を入れている人も多いはず。

タイプ5は素のステータスが最も軽いので、改造後もやはり最軽量です。

ギヤ負荷が高め

ギヤ負荷を改善できるなら、改善するに越したことはないのですが

ギヤ負荷が最も低いタイプ4との差が40です。

この40で劇的な差が産まれるかと言うと・・・微妙なラインです。

そこまでデメリットにならないような気がします。

タイプ5シャーシのおすすめ・最速改造は

シャーシの改造は最軽量化とギヤ負荷特化の2種があればいいと思います。

詳細は別記事をご覧ください。

総評 使える可能性は大あり

最軽量のタイプ系シャーシなので、簡単にスラスト0にできます。

スラスト0にするにはスキル:アッパースラストを持ったフロントステーが必要です。

その辺は別記事をご覧ください。

デジタルでは最優良シャーシ?

高スタミナ耐久、最軽量とくればやはりデジタルコース用です。

今までは高スタミナシャーシと言えば、スーパー1強化シャーシのスタミナ耐久25でしたが

こちらはスラスト角が8あります。

FM好きな方なら、FM強化シャーシもスタミナ耐久25です。

ボディ制約とスラスト角が5というところをどう切り抜けるかが鍵です。

極端なデジタルコースでなく、デジタルが軽く混ぜてあるコースで

スラスト0で走るのであればタイプ5の出番の予感です。

また、他の強化系シャーシより入手難易度がかなり低いのもポイントですね。

スポンサーリンク

タイプ系シャーシは3種類の使い分けか

タイプ系シャーシは全て出揃いました。

スラスト0で走るのであれば

  • 最速のタイプ4シャーシ
  • パワーのタイプ3シャーシ
  • デジタルのタイプ5シャーシ

といった使い分けの構図かと思います。

本当にそうなのかどうかは、検証・・・しません!

誰かがきっとやってくれるはず。

タイプ5シャーシに幸あれ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました