【人気記事】ロハコで無印良品をお得に買おう

【超速GP】トリプルドラゴンサーキット公開!セッティング予測

スポンサーリンク
超速GP

4週間に及ぶ長期の脳筋サーキットから開放されます!

期待していいのか悪いのか、コースアウトが楽しみです!

追記 初回終了

見事に飛ぶコースでした。

初回完走の記録はこんな感じ。

「みんなでミニ四駆」内のSG超速GP決勝サーキットCにドラゴンジャンプがあるので

そこで調整しました。

ブレーキ不要、全体的に加速を抑えてぬるっと走るセッティングで通しました。

が、決勝サーキットCよりコースアウト判定が甘いのでもっと詰めれます。

33秒ぐらいになったらセッティング公開しようと思います。

現在1位は31秒、30秒切り目前のタイムですね。

最終的な全国1位タイムは29秒ぐらいになるのではと思います。

みんなでミニ四駆のホライゾンサーキットのように、ドラゴンジャンプを超える時の最高速度によってコースアウトが決まると思うので

2週間あれど、超劇的なタイムにはならないと思います。

追追記

32.5秒台のマシン診断公開しました。

走行動画

まずは公式Twitterで発信された動画を確認していきましょう。

高速コースと見せかけて・・・という感じでしょうか。

それでは細かく見ていきましょう。

トリプルドラゴンと罠

開幕ロングストレートからのヘアピン

そしてドラゴンバック

これがブレーキを必要とするのかが気になります。

バウンドするようなら、次の90度コーナーでコースアウトです。

そして今度はドラゴンジャンプ

そしてこの後も90度カーブがあるので、バウンド次第。

しばらく多少のアップダウンがありつつ、再度ドラゴンジャンプ。

そしてゴール・・・と見せかけて、ゴール直前の

デジタルコーナー。

これが多分、一番やばいです。

何がやばいのかは分かっていると思います。

耐 久 不 足

序盤は問題ないのですが、終盤、特に最終ラップ。

ジャンプでいかほど耐久が削られるか不明ですが、ボロボロになったマシンに

これでもかとムチを打ってきたせいで

ゴール直前のコースアウト。

耐 久 不 足

対策セッティング

これは2パターン考えられます。

スラスト0で戦う方

飛ぶ飛ばないのバウンド対策が重要になると思います。

デジタルコーナーは考える必要がないですね。

なぜなら、スラスト0で走る方はALL金属ローラーですからね。

スタミナ耐久にはかなりの余裕があると思います。

スラスト0以外の方

バウンド対策は共通ですね。

そして、スタミナ耐久です。

どこかで盛らないと飛ぶ可能性があります。

FMやゼロシャーシを利用すると(-)FRP強化マウントを使うことになるので

ある程度緩和できます。

サイドをFRPショートでも少し盛れます。

問題はこれで足りなかったときですね。

どこかのローラーを金属ローラー、可能なら9mmにして臨みましょう。

どれくらい金属ローラーが必要になるかは、走ってみないとなんともですね。

開幕をお楽しみに!

3つのジャンプで飛ぶかどうかが大きな鍵です。

飛んだ場合は楽しい2週間の幕開けですが

飛ばなかった場合は、脳筋サーキットに毛が生えたレベルのものになります。

個人的には、解像度の低い試走動画で判明しなかった

隠れデジタルコーナーが存在するのを祈っています。

さぁ、楽しいレースの幕開けだ!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました