【人気記事】ロハコで無印良品をお得に買おう

【超速GP】スーパーグレート超速グランプリ1次予選突破

スポンサーリンク
超速GP

荒れそうな雰囲気がありましたが、案の定荒れてしまいました。

ちょっと残念ですね。

どうにかこうにか1次予選を突破しましたので

Lv30のアプローチ方法というか、ヒントを掲載します。

一応大会ですので、セッティング公開の予定はございません。

必要パーツ

以下のパーツを手に入れていない方は、Lv30の攻略は難しいと思います。

  • 超速ギア
  • リアブレーキステー(ソフト)
  • リアブレーキステー(ハード)+ブレーキボディ
  • 私の場合は電池

以上です。

ブレーキパーツに関しては、リアローラー・スタビステーでのクリア報告もありますが

非常にシビアだと思います。

アプローチ方法

私はブレーキボディ+ハードでのクリアでした。

しかも電池を使用してのクリアなので、診断を出したところで

実際の数値は不明です。

なので、どうやってアプローチしたかだけ残しておきます。

予選スタートから30時間もかけてクリアしましたので・・・

スタートはとにかく盛る

自身の持っているパーツで、とにかくスピードとパワーを盛っていきます。

パワーは1,100近くまであるといいです。

ただ、この盛る作業で重要なのは、重量は軽ければ軽いほうがいいです。

これは、芝対策です。

スピードを盛ろうと思って重装備になりすぎると、最終ラップで芝減速がひどいです。

できるだけ軽量で望みます。

そうすることで、バンクの減速も控えめになります。

ひたすらコーナー減速率の調整

これが正直、心が折れます。

コーナー減速率の調整は

  • トラスト角
  • ウイングローラーで摩擦値
  • 全ローラーの抵抗値

この3種を駆使します。

私の場合は

  • スラスト角4
  • ウイングローラー:低摩擦プラ16mm摩擦減・抵抗共に最大強化
  • リアローラーの抵抗値で調整

この調整を15時間はやっていたと思います。

私より、さらに低いトラスト角で望む場合は

低摩擦プラを限界まで強化している物を準備する必要がないです。

低摩擦プラまでいかない摩擦値のもので対応できると思います。

私もスラスト1や2で詰めようとしましたが、リア摩擦や抵抗値の影響が大きくなるのか

調整が難しすぎて挫折しました。

トラスト5を超える調整も試しましたが、これも私には無理でした。

最終的なタイムはこちら。

マシン名が「FMシャーシチャレンジ」的な名前でしたが

あまりにもイライラして血眼でクリアするために必死でしたので

FMシャーシを捨ててブレーキボディを装着してのクリアです。

なので、FMシャーシでのクリアではありませんので、マシン名は黒塗りです。

難易度は相応

非常に高難易度なコース、相手の速さでした。

超えられそうで超えられない壁に何度もトライして

かなり精神的に削られました。

今回は運営のリードミスというか、いろいろと荒がみえてしまって

非常に荒れてしまいました。

その流れで、難易度について苦情を漏らす声が見受けられました。

課金して望んだのに苦戦している方も多いようです。

ただ、1つだけ理解してもらいたいのは

難易度は高くて当然です。

日本1位というか、世界1位を決める大会を行っているのです。

オリンピックの出場権を誰でも獲得できますか?という話です。

非常に精神的に削られましたが、トップランカーに短時間で食らいつくには

それぐらい最低限必要だったということでした。

過去のグランプリ実績からの判断で、一線引かれるのではなく

誰でも参加できる状態にして、自分の限界までチャレンジできるコースが用意され

トップランカーの凄さを知ることができるという意味では

非常にいい大会だったと思います。

誰でも参加券は得られているのですから。

そこから、埋まらない差を課金で埋めるかどうかは、あなた次第です。

私は埋めるのに4,000円ほどかかりました・・・

FMシャーシでは使えないボディをフル強化しましたね・・・

ただ、私にとってこの4,000円は楽しむ対価としては十分でした。

1.5次予選への挑戦券

1次予選の突破条件が変わり、1.5次予選が開催されることになりました。

運営に対して不満を持たれる方が多いのは事実です。

それぐらい、ミニ四駆に対して、このゲームに対して熱い想いを持っているユーザーが多いということです。

私もそうです。

憤りを感じますが、起きてしまったことはしょうがありません。

声を大にして、運営に苦情を入れるのも悪くないと思います。

ただ、その声は本当に届いていますか?ということです。

本気でゲームを変えていきたいのであれば、個別にTwitterで文句を言ったり

カスタマーサポートにメールや電話を入れてる場合じゃないです。

しっかり戦略を練って、個人ではなく、全ユーザーを巻き込むぐらいの力で

運営がこちらを向かざるを得ない環境を作り上げることが必要になります。

私はこのゲームが大好きですが、そこまでする気は起きません。

あくまでもサービスを利用している側なので、枠組みに楯突く気はないです。

個人的に楽しむために、また、様々な方に楽しんでもらえるために

小規模な大会を開催したりして楽しむ予定です。

ちょっと話がそれましたが、1.5次予選が突破できなくても

私はお祭り気分で参加する予定です。

久しぶりに楽しめるゲームに出会えて、感謝しかないですね。

これからも楽しんでいくぞー

コメント

タイトルとURLをコピーしました