【数量限定】熊本県産皇室献上米 販売中

雨コースの基本対策【超速グランプリ攻略ブログ】

超速GP

現実でも超速の世界でも気分が上がらない、雨。

そんな雨コースを乗り切るために必要な情報をまとめてみました。

動画Verはこちら

雨コースで重要なポイント

簡単にまとめると以下です

  • 空転しないようにグリップを上げる
  • コーナー安定を高める
  • 耐水スキルが重要

こんな感じです。

詳しく見ていきましょう。

ボティー特性:ハイドロウェーブ

雨コースといえばこのスキル。

ハイドロウェーブは耐水の数値が+5,000という話です。

耐水スキルの上昇は非常に重要です。

ハイドロウェーブの有無だけで、雨コース攻略が完全に別物になります。

耐水UP

週末限定EXチャレンジにて獲得できるメダルを使って

ボディースキル「耐水UP」という書を獲得できます。

こちらは、ハイドロウェーブに劣るものの耐水の数値を+2,500上げることができます。

また、ハイドロウェーブと異なりサブスキルに伝承することが可能です。

なので、メイン:ハイドロ・サブ:耐水で雨コースがかなり楽になります。

ハイドロウェーブなしの場合

一番厳しいです。

厳しい中でも、対抗するには

  • パワードリフト
  • バスターターン

などの、グリップの値が15%以上上昇するスキルを使うことをおすすめします。

可能であれば、サブに耐水UPを仕込みたいところですが・・・

それも難しい場合は、とにかく耐水スキルの高いタイヤで走るしかないです。

[ad]

タイヤはスポンジ・リヤタイヤを選ぼう

タイヤは何でも良いわけではなく

雨コースに適しているタイヤは、スポンジタイヤです。

そして、フロントではなく、リヤタイヤのほうが耐水値が高いのでおすすめです。

高耐水!?小径レインタイヤは微妙

高耐水値を誇っているタイヤで、小径レインタイヤがあります。

小径レインタイヤの耐水値は、フロントで4,000・リヤで5,000と非常に高いです。

この非常に高い耐水値で走ることで、通常時と変わらない走行が可能です。

可能ですが・・・

ここで問題なのが、小径は所詮小径です。

最高速が伸びません。

悲しいですが、高タイムを叩き出すには

  • ボディー特性 ハイドロウェーブ
  • サブ特性 耐水UP
  • 前後に大径ハイトタイヤのリヤ

この組み合わせが欠かせません。

小径レインが全く使えないというわけではないですが

高タイム構成から外れてしまうことだけは覚えておきましょう。

ローラーでひたすらコーナー安定を

雨コースでは、コーナーで「オーバースピード」という判定のコースアウトが出やすいです。

これをカバーするには、高コーナー安定値の金属ローラーが有効です。

具体的には

  • 19mmアルミディッシュ
  • 19mmゴム付きアルミ
  • 19mmアルミ・エアロ
  • 17mmアルミディッシュ
  • 17mmゴム付きアルミ

などです。

こういった金属ローラに「ローラー摩擦を強める」改造を施して

これでもかとコーナー安定を増やしていきましょう。

体感的にはそういったローラーを3~4枚ほど準備しておくと十分です。

グランプリ登場の際は、スルーもあり

高タイムを出すにはハイドロウェーブ不可欠な状態です。

他にも、高タイムを構成するアイテムは必要になってきます。

なので、グランプリ期間、ぐっと我慢するというのもありです。

必死に作ったけど、雨コースでしか通用しない・・・そんなボディーになります。

他のタイヤ・ローラーは使い回しが効きますが

どうしても!!!を雨コースに燃やさなくてもいい気がします。

攻める時は攻める。無理な時は諦める。

これが長続きのコツです!

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥18,917 (2021/09/19 22:32:40時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました