【人気記事】ロハコで無印良品をお得に買おう

【超速GP】ハイスピードソリッドサーキット公開!セッティング予測!

スポンサーリンク
超速GP

いつもより遅いタイミングで、次節のコース

ハイスピードソリッドサーキットが公開になりました!

なかなかスタミナ耐久を要求されるコースです!

セッティング公開

27秒台で完走したセッティングを公開中です。

公式動画から

Twitterにて公式が発表した動画がこちらです。

ヤバさしか感じないコースです。

珍しく公式の言うことを聞いたほうがよさそう

荒い動画からの判断になりますが

恐らく、コーナーと判断できるコーナーの全てがデジタルコーナーです。

最初は動画のスクリーンショットを撮って1箇所づつ確認しようとしましたが

全部デジタルである可能性が高いです。

そうなると、全12箇所もデジタルコーナーが存在することになります。

追記

コース全貌が判明しました。

デジタルコーナー、全10箇所です。

決勝Aが9個なので、少し近づきましたね。

過去のデジタルコースは参考にならない?

過去にデジタルコーナーが導入されたコースが、デジタルコブラサーキットです。

当時の記事がこちら。

ただ、デジタルカーブが5箇所しかありません。

コブラストレートというセクションもありましたが、今回はないです。

みんミニ決勝Aは参考になる?

まちかどレースの「みんなでミニ四駆」内にある

SG超速GP決勝サーキットAが高速デジタルコースになっています。

実際のコースがこちら。

デジタルカーブが9箇所です。

ここも何回か試走しましたが、スタミナ耐久300付近にスタミナ耐久UPボディを付けて

31秒付近のタイムになりました。

もっと完成度が高いマシンだと25秒で走っている方もいらっしゃるようです。

ただ、スタミナ耐久300+耐久ボディ程度だと、スピードガン盛りのレブチューンを積むことで、みんな大好き耐久不足で飛びます。

ハイスピードソリッドサーキットの対策は

ここで紹介するのは、初戦完走に向けた考え方です。

とりあえず完走しないと次に繋がらないので。

その1 耐久は盛れるだけ盛る

デジタルコーナーはスピードを出せば出すほどスタミナ耐久が必要と言われています。

コーナー安定値でもカバーできるという話もありますが

結局のところ明確な基準はありません。

ただ、SG超速GP決勝Aで飛ぶようなセッティングだと

さらにデジタルが多いコースなら飛ぶ可能性が高いです。

決勝Aはある程度の目安になるかもしれませんが、決勝Aのコースを完走させてからの予測で組むのが一番だと思います。

その2 フロントステー

これは難しいところです。

デジタルコーナーを突破するときに、スライドダンパーは「デジタル」というスキルを持っているので有効です。

ですが、スライドダンパーはスラスト3です。

タイプ系シャーシと合わせると、トラスト4

FMシャーシと合わせると、トラスト8です。

このトラストと、アッパースラストを持った(-)FRP強化マウントプレートを使って

スラストを0にして走るのとどっちがいいのか・・・

その3 ウイングにはスライドダンパー

これは外せないかと思います。

デジタルコブラサーキットのときもそうでしたが、スキル「デジタル」を活用するかしないかで割れます。

デジタルコーナーを早く抜けるとその分スタミナも消費するので、あえてデジタルを活用しないという考え方もあるからです。

私は乗せる方向で考えていますが、違う考えの方も居ると思います。

見た目は簡単、走ると難しい

決勝Aで何回か試走しましたが、デジタルへの理解がかなり深まります。

完全に同じではないですが、デジタルを学ぶには決勝Aは役に立ちます。

その結果、私は前後スライドダンパー装備で初戦臨みます。

公式から上位100位までのランキングが公開されるようになりました。

FMでランクインできるよう頑張りたいですが

3桁は無理だなー笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました