【人気記事】ロハコで無印良品をお得に買おう

【超速GP】デジタルコブラサーキット25秒突入セッティング

スポンサーリンク
超速GP

初回完走37秒でしたが、本日の12時に25.5秒になりました。

今回は、様々なセッティング・アプローチ方法があると思うので

あくまでも参考程度にご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

ポイントはバランス

タイムを出したセッティングとステータスがこちら。

※画像クリック・タップで拡大表示されます。

強化内容は

  • ボディ:ブロッケンG(スタミナ耐久UP)節電改造
  • レブ:慣らし1回、他スピード特化
  • 超速ギア:ギア負荷2・パワーロス4
  • FMシャーシ:軽量化全振り
  • タイヤ・ホイール:パワーロス全振り
  • レストン前:摩擦4・パワーロス2
  • FRPサイドショート:軽量化全振り
  • ダブルアルミステー:剛性補強
  • スライドダンパー:軽量化
  • ウイングローラー:14mm摩擦抜き・抵抗抜き

と言った感じです。

改造が全て完了しているパーツは、ほぼありません。笑

どうでもいい箇所は、サイドローラー2個とリアローラー上段です。

スタミナ耐久を盛るために付けていますが、ほぼほぼ無改造です。

これに重さを10g近く奪われているのが納得いかない。

セッティングのポイント

考察記事でも書きましたが、スピード・パワーのバランスですね。

よろしければご覧ください。

現在、スピード:パワーが3:1になっていますが

ここからは重量を落として、パワーを徐々に上げていく予定です。

アプローチ経緯

残念なことに、私はセッティングのセンスを持ち合わせていません。

ただ、ウデマエはとっくに50になり

改造未完成品がかなり多くある状態・・・

そんななかで、ハイミニが好きなのでハイミニで臨んでいましたが

どうも使いこなすのにコツがいる。

センスがないのに、手を出すべきじゃなかったですね笑

そんな私がこのタイムになるまで、どうやってもがいたかまとめます。

スライドダンパーを捨てる

詳細は不明ですが「スライドダンパーがあると、高いスタミナ値を要求される」と言われています。

恐らくですが、スタミナを削られるであろうデジタルコーナーを

スライドダンパーの特殊スキル「デジタル」を搭載しているがために

デジタルコーナーの速度が上がり、スタミナ値がさらに削られるという認識のようです。

ただ、走行中のスタミナ値をグラフ化したりできないので、本当にその因果関係が正しいのかは不明。

その時のセッティングは

  • スライドダンパーを全て外す
  • フロントFRP、ウイングにハイマウントリアウイング
  • ウイングローラー以外、全て金属系ローラー
  • フロントにスタビライザー

これで挑戦した結果、完走でした。26.8秒ぐらいだったと思います。

ステータスは

スピードパワーコーナー安定スタミナ耐久重さ
315310601134321134g

といった具合です。

スライドダンパーを戻す

デジタルコーナーでの減速を感じたので、ウイング部分をスライドダンパーに交換。

コーナー安定値が落ち、重量が増えました。

コーナー安定値が高いほうがいいという話もあるので、落ちたコーナー安定値を補充するためにサイドにスタビを追加。

その時のステータスは

スピードパワーコーナー安定値スタミナ耐久重さ
3154
(+1)
10601139
(+5)
326
(+5)
139g
(+5g)

ぐらいです。( )内の数値は変更前との数字差です。

結果は完走。26.2秒ぐらいでした。

スピードをはじめ、ステータス的にはほぼ変化なし。

むしろ5gも重くなって、最高速やコーナー減速率、最高速度到達時間など

マイナスに作用する部分が多いのに0.5秒の短縮に成功。

スライドダンパーの特殊スキル:デジタルはかなり有効です。

保険を外す

コーナー安定値に不安があったので、サイドにスタビを追加していましたが

3gという重量が気になったので、外してみることにしました。

ステータスは

スピードパワーコーナー安定スタミナ耐久重さ
3139
(−15)
10601094
(−45)
323
(−3)
136g
(−3g)

となり、軽くなったものの不安の残るステータスに。

しかし、結果としては完走。そして冒頭のタイム、25秒台に突入です。

0.3秒の短縮になりました。はやり軽いって大事ですね。

更に軽量化を図る

「スタミナが低くても、コーナー安定が高ければ大丈夫」や

「マシンが軽ければスタミナが低くても大丈夫」という説があったので

サイドにつけていた、無改造19mmアルミベアリングローラーを1個外し

ローラー抵抗減・摩擦マシマシの14mmゴム付きプラベアに変更。

ステータスは

スピードパワーコーナー安定スタミナ耐久重さ
313910601188
(+94)
314
(−9)
134g
(−2g)

軽くなりましたが、スタミナ耐久が減ったので不安があります。

2020年5月29日朝6時の結果、完走。25.926で、0.05秒ぐらい更新です。

正直、2gも削ったのに言うほど速くないなというのが感想です。

やっぱりスライドダンパーに戻す

フロントにFRPがついていましたが、フロントもスライドダンパーに戻しました。

スタミナ耐久がその分減るので、サイドローラーを19mmアルミ2枚に戻しました。

重量が増えるので、フロントのスタビを外しました。

ステータスが

スピードパワーコーナー安定スタミナ耐久重さ
3124
(−15)
10601059
(−129)
299
(−15)
134g

これが私の最新の状態です。

5レーンスタートで25.50秒なので、約0.4秒の更新になります。

多くの方が言うように、1レーンスタートが肝なのであれば、レーン次第でまだタイムが更新されそうです。

なんだかんだで、スライドダンパー優秀ですね。

公開セッティングをまとめる

このネット社会は、非常にありがたい世の中です。

「○○秒出ました!セッティング公開ですー」という記事、Youtube、Twitter

いっぱい出てきます。

場合によっては、5chなどの掲示板も活用していいでしょう。

大事なのは、一人のセッティングを見て

なお太郎
なお太郎

へーそうなんだ!真似しよう!

これで終わらないことです。

全パーツ真似したところで、強化値が完全に同じにならないので再現は不可能です。

大事なのは、複数人のセッティングから傾向を見つけることです。

そして、疑問に持ち、理解することが大事です。

例えばですが

なぜリアはダブルアルミリアステーなのか

ローラーが2個付けられるので、スタミナを盛れる。
そして、なぜかローラー1個しか付けれない「アルミリアーマルチステー」と重量が同じでスタミナ値が高い。

なぜウイングだけプラローラーなのか

スタミナ値を上げるなら金属系ローラーだが、摩擦が低いのはプラローラー。
ウイングだけはコーナー減速率を改善するために、低摩擦なプラローラーを乗せる。

なぜワンウェイ系ホイールじゃないのか

ウエーブセクションが1枚のみなので、ウエーブ特性を捨てて軽くしてある。

なぜフロントはFRPなのか

フロントスライドダンパーよりスラストが小さい。
改造によってスタミナ値が盛れる。

と言った感じです。

私がこういった感じでタイムを更新できているのは

自分の実力やセンスではなく、ネット上に落ちているデータの整理ができただけです。

今までのガシャ運で、ある程度パーツが揃っていたというのだけはあったと思います。

センスや閃きが足りないので、いろんな方のデータを活用させてもらっている状態です。

ただ、模倣を続けていけば、そのうち閃きができるようになると思っています。

それまでは、そこそこの成績であがいていきます!

あとはパワー値が足りないので、地味に強化で補っていくぞー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました