【数量限定】熊本県産皇室献上米 販売中

基本編 伝承ベース!?入手しておきたいボディー本体一覧【超速グランプリ攻略ブログ】

超速グランプリ基本編

好きなボディーで戦える時代へ

2020年10月末の大幅アップデート以降

これまでマシン固有のものであったマシン特性を

伝承という形で移植することが可能になりました。

なので、自分の好みのボディーで戦えるようになったものの・・・

今度は、特定の特性ボディーを所持しているかが重要な時代へ・・・

そして、ボディーそれぞれが持つ特性ではなく

ボディーそのもののステータスが重要な世界になってきました。

優先入手したいボディー本体

まずはざっとリストにするとこんな感じです。

  • ファイターマグナムVFX
  • バックブレーダー
  • プロトセイバーEVO

この3つが、ボディーのステータス重視で選んでる人が多いボディーです。

見た目で戦うことは素晴らしいことですが、ステータス重視の話をすると

どうしてもこの3つが有利になってきます。

この3つ以外にも面白いボディーはまだあるので、最後にご紹介します。

[ad]

最優先ボディ ファイターマグナムVFX

ランキング上位陣が使用しているマシンは、ほぼこれと言っても過言でない本体です。

理由は圧倒的な軽さ。

ボディーは通常16gの重さがある場合が多いのですが

ファイターマグナムVFXの場合、初期値で10gと軽量。

この軽量さに、さらに5箇所も肉抜きが可能となっています。

ボディーの肉抜きは、1箇所に付き本体の2%の重量が減少します。

ということは、10gの2%、0.2gが5箇所なので更にマイナス1g

つまり、未改造・肉抜き完了の状態でボディー重量が9gしかありません。

これに限界軽量化でさらに軽くなります。

さらにさらに、ファイターマグナムVFX自体がストレート属性のため

ステータスとしてスピード値が20という高スピード値マシンです。

スタミナ耐久値が5と極端に低いマシンではありますが

全くデメリットになっていません。

2021年1月現在、最重要ボディー本体です。

バックブレーダー

このボディーは他のボディーとは違い、肉抜き不可となっています。

その代わり、ボディー重量の初期値が14gです。

これは、16gのボディーを4箇所肉抜きしたものより0.72g軽い数値です。

また、ボディー固有のものとして、エアロダウンフォースが30と

通常のものより20低い設定になっています。

最軽量のファイターマグナムと、空気抵抗の低いバックブレーダーを比較してしまうと

どうしても軽いファイターマグナムが有利になってきますが

ファイターマグナム以外のボディーと比較すると、有利なポジションに立っていることは確実です。

プロトセイバーEVO

こちらもバックブレーダーと同じく、エアロダウンフォースが30に設定されています。

バックブレーダーと比較してしまうとどうしても劣ってしまうので

この位置づけです。

[ad]

重さ・ADF以外のステータス優秀ボディー

ネオトライダガーZMC

ステータスが非常に優秀なボディーです。

パワー値こそ0なものの、スピード・コーナー安定・スタミナ耐久値の合計が

全ボディの中で最高値です。

ベルクカイザー

全ボディーの中で、最もスピード値が高いボディー。

スピード値20というボディーが多い中で、唯一のスピード23。

この3の差に価値を見いだせるかどうかは、あなた次第です。

ベルクカイザーL型

全ボディーの中で、最もパワー値が高いボディー。

スピード値を上げる改造は、ローラーやスタビライザーなど多くありますが

パワー値を上げる改造は限られてきます。

ボディーにパワーを付与する改造は不可能なため、初期値で高パワー値を持っているボディーは珍しいです。

ただ、スピード値が0なので、限界軽量化や節電改造を施した時の伸びしろは少ないので

そこをどう考えるかがポイントになります。

[ad]

基本的には好きなボディーで問題なし

いろいろと優秀なボディーを書きましたが、最終的には好みです。

ただ、あなたがどこのレベルまで目指すのか、どんなコースで活躍したいのか

それによっては、ファイターマグナムなどのボディーでないと・・・という場面が出ると思います。

初戦ゲームなんで、ステータスが優秀なものほど有利なのは仕方ありません。

ただ、自身の好きなボディーで、好きな見た目で戦うのも楽しいもんですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました