【人気記事】ロハコで無印良品をお得に買おう

基本編 真似してはいけない旧改造まとめ【超速グランプリ攻略ブログ】

スポンサーリンク
超速グランプリ基本編
スポンサーリンク

これから超速GPを始める方へ

年末にYoutubeで烈&豪のWGP編が公開されたり

最近では超速のCMが流れたりしているので

ちょっと興味が湧いた人も多いのではないかと思います。

そんな方々に向けて、正確で間違った情報を手に入れないための

「真似してはいけない旧改造」をまとめてみます。

動画版もあるよ

【超速GP】えっ?私の情報、古すぎっ!?気をつけておきたい旧情報【ミニ四駆超速グランプリ】

フロント小径、リヤ大径セッティング

フロントに小径レストンスポンジタイヤやショック吸収タイヤ

リヤに大径タイヤで走るというスタイルが

2020年10月前までは王道パターンでした。

これまでは、摩擦はフロントタイヤしか反映されていないうえに

最高速度の計算はリヤの大径タイヤだけで処理されている状態でした。

現在、このセッティングで走ることも可能ですが

以前より最高速度が出ないような仕様になっています。

前後でタイヤ径の差が大きすぎると、強力なスピードロスが発生するようになっているからです。

決して走ることができないセッティングではありませんが

最優先で考えるセッティングではありません。

スポンサーリンク

リヤタイヤの強化はパワーロス強化だけでいい

少し、先程の前後でタイヤ径が違うセッティングの話とかぶりますが

今は前後のタイヤの摩擦が反映されます。

そのため、リヤタイヤの摩擦が低い状態だと

タイヤが空転してしまう場合があります。

パワーロスだけ強化したタイヤが使えないこともないですが

ちょっと扱いづらいタイヤになってしまうのは間違いないです。

旧仕様では「リヤタイヤはパワーロス一択!」みたいな状態でしたので

その情報をそのまま現在の仕様に適用しないようにしましょう。

ゼロスラ最速ローラーは9mm

これは嘘とか、仕様変更とかではないです。

ただ単に、ローラー用9mmボールベアリングより

軽くて性能の良い上位互換となるローラーが誕生したので

そのローラーにポジションを奪われました。

現在の最速ローラーは17mmゴム付きアルミです。

9mmよりも1.5g軽く、ローラー抵抗値も低いです。

過去動画や過去情報を見ると、9mmで固めているマシンを見かけると思いますが

現在9mmは重量や重心の調整用として使われているぐらいなので

積極的に9mmを強化するのは、少し待ったほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク

以上!

以上です。

どれもこれも、2020年10月までは主流とされていた考え方です。

今とは随分考え方が違うので、驚く人もいると思います。

ただ、こういった情報と現在の最新仕様の情報が混ざっているので

「2020年10月以前の情報は50%嘘」だと思って

情報を仕入れていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました