【人気記事】ロハコで無印良品をお得に買おう

アトミックチューンのおすすめ改造・・・幅が広い!【超速グランプリ攻略ブログ】

スポンサーリンク
超速グランプリ基本編

最近導入された新しいモーター

アトミックチューンモーター

そのモーターの性能を最大限活かせる改造方法をご紹介!

スポンサーリンク

アトミックチューン超速SP版はこちら

アトミックチューン 基本性能

スピードパワーコーナー
安定
スタミナ重さ消費電流ギヤ負荷
レブチューン174074700172,0001,500
アトミックチューン160090700171,5001,250
ハイパーミニ146073000171,0001,500

見事にレブとハイミニの中間です。

しかしこれは、未強化の状態での話。

強化するとかなり化けます。

スポンサーリンク

アトミックチューン専用改造

他のモーターの改造項目には存在しない

アトミックチューン専用の改造、それが「消費電流を下げる」改造です。

  • 低電圧ブレークイン
  • ★7改造 低電圧ブレークイン(上級)

この改造をどこまで入れるかが鍵になってきます。

ただし、★7改造低電圧ブレークイン(上級)は入れることをおすすめします。

アトミックチューンモーター改造例

このモーター、よくも悪くも可能性を感じるモーターです。

複数所持していれば、所持している数だけ

様々なタイプのモーターを作ることが可能になりますが

多くの方が使っているであろう改造例を2種掲載しておきます。

消費電流下げ・スピード特化

1個入手していたら、まずこれを作っておいたほうがいいでしょう。

改造内容は

  • 3Vブレークイン(回転数重視) 4枠
  • 低電圧ブレークイン 2枠
  • ★7改造 低電圧ブレークイン(上級) 1枠

この改造を施すことで、スピード特化ハイミニの完全上位互換となります。

ハイミニでは到達不可能な速度域を獲得できるうえに

消費電流がほぼハイミニというエコカー。

アトミックチューンを手に入れたら、まず作りたい改造です。

消費電流下げ・パワー寄り

ハイミニに近い速度域だけど、加速がほしい。

そういったときに活躍する改造です。

  • 3Vブレークイン(回転数重視) 2枠
  • 冷却ブレークイン(バランス重視) 2枠
  • 低電圧ブレークイン 2枠
  • ★7改造 低電圧ブレークイン(上級) 1枠

ブレーキが重要になってくるようなコースが来た場合

ブレーキ減速後の素早い立ち上がりが重要になります。

そういった場合に活躍してくれます。

パワー寄り

最高速・パワーが更にあがるものの、消費電流が悪くなる改造です。

改造内容は

  • 3Vブレークイン(回転数重視) 4枠
  • 冷却ブレークイン(バランス重視) 2枠
  • ★7改造 低電圧ブレークイン(上級) 1枠

消費電流こそハイミニに劣りますが、さらに速度・パワーを手に入れられます。

パワーを抜くコースも多いですが、持っていて損はない改造だと思います。

ただ、★7改造で低電圧ではなく、ギヤの固定を選択する場合もありますので

余裕がある方は作ってみてください。

スポンサーリンク

1個は持っておきたいモーター

改造方法が多岐にわたるので、いろいろな方向で作成することが可能です。

しかし、グランプリで活躍するのは「消費電流下げ特化」かと思います。

通常MAP攻略では、幅のあるモーターは活躍しますが

有料ガシャアイテムでそこまでするのは大変です。

通常MAP攻略には、様々なパターンのハイミニを使っていくぐらいでいいのかもしれません。

最低でも1個あると、結構変わるモーターです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました