【人気記事】ロハコで無印良品をお得に買おう

【超速GP】オメガスピードウェイで1分5秒を切ろう

スポンサーリンク
超速GP

なんとか1分を切ることができましたので

シーズン11のミッションをクリアできるセッティングを公開します。

ちなみに、超速ギヤ難民です。持っていません。

アクティブユーザーが20万人いると言われている超速GPにおいて

決して速いとは言えるタイムではありませんが、

スリックタイヤで空転がーと言ってTwitterで4桁以下の順位を出している方が

いかにごく一部の方々なのかがわかるかと思います。

最速タイムを狙いに行くセッティングではなく

あくまでも1分切ることを目的にしているセッティングですので

あらかじめご了承ください。

完走パーツ一覧

まずは画像でご覧ください。

詳細としては

  • ボディ トライダガーX
  • レブチューンモーター スピード最大
  • カウンターギヤ
  • ゼロシャーシ
  • 前後小径ナローワンウェイ
  • 前タイヤ スポンジタイヤ
  • 後タイヤ レストンスポンジタイヤ
  • サイドガード 軽量化系x3
  • フロント19mm 抵抗抜き2、摩擦強める2
  • サイド棚橋 摩擦弱め4
  • リア14mm 抵抗抜き2、摩擦弱め2
  • ウイング 軽量化x4

となっています。

それぞれの選定理由です。

トライダガーX

ボディ特性として「バウンド抑制UP」というのが付いています。

ストレート属性でこの特性が付いているのは、トライダガーXのみです。

オメガフォール後のバウンドからのコースアウト率が高いので

この特性を一応重視しています。

現状、様々なバグが叫ばれている世の中なので

「バウンド抑制UP」というものがどれくらい効果があるか謎ですが

おまじない的な意味合いも込みで、トライダガーXを採用しています。

シャイニングスコーピオンも所持しているので、今後詰めていく予定です。

前後小径ナローワンウェイ

これは、小径ローハイトでも大丈夫だと思いますが

重量的に重くなってしまうので現状は小径ナローワンウェイです。

前後にしっかりフロントとリアを使い分けていますが

フロント・フロントでも問題ないでしょう。

重量的にはフロント・フロントの方がメリットがあるかもしれません。

小径のノーマルホイールで間に合わせてもいいですが

カーブ・ウェーブで減速してしまいます。

タイヤはスポンジタイヤ

可能であればレストンスポンジタイヤの装着をおすすめします。

私がフロントだけスポンジタイヤを装着しているのは

ウデマエ45になってもガシャでレストンのフロントが入手できていないだけです。

レストンのリアが7本もあるのに、フロントだけ1本も出てくれません。

やけくそで育てたスポンジタイヤなので、改造も適当です。

スピードが出るのはスリックタイヤですが、タイヤ反発を抑えるために

両方ともスポンジ系のタイヤがいいと思います。

シャーシはゼロシャーシ

これは、フロントのターボフロントステーと込みで

スラスト6になるように調整のためにゼロシャーシを採用しています。

もっと低くても完走できる可能性があるので

そのあたりは徐々に詰めていく予定です。

タイプ3・タイプ2あたりで攻略中の方も居ると思うので

その方もスラストをできるだけ高くしてみましょう。

追記

タイプ3シャーシ+エアロハイマウントフロントステーの

トラスト4でも完走できました。

トラスト3で試走→だめでした。

タイプ2シャーシとエアロハイマウントフロントステーで走ってきます。

上記組み合わせ、完走できました。

この感じだと、ゼロシャーシのフロントステー無しがいいのかも。

フロントステーはエアロ系

フロントステーを付けて攻略するのであれば

フロントにはエアロ系パーツを装着することをおすすめします。

理由としては、ゲーム内でのスキル表示はありませんがダウンフォースが付きます。

エアロ系ステー隠れダウンフォース
パーツ色パーツ名隠れDF値
白・赤ターボフロントステー10
ハイマウント フロントステー20
蛍光黄エアロハイマウント フロントステー30

一応ですが、他のフロントステーでもダウンフォース値が1付きます。

超速グランプリだけでなく、通常MAP・イベントMAPなどいろいろ試していますが

単純にトラストを上げた場合よりも、この隠れDFがあるエアロ系を装着したほうが

体感的にはコースアウト率が低いです。

サイドステーの有無

これは無くてもいいかもしれません。

ただ、ノーマルの状態で「コーナー安定12・スタミナ5」増やせます。

私の場合は、改造しきれていないですが軽量系の改造で

「スピード3・コーナー安定12・スタミナ4」の状態です。

改造を極めると、1gを切るようなので

ステータスアップの目的で付けています。

ローラー系

フロントに大径アルミ19mm、リアに14mmプラベアリング

これは鉄板ですね。

もし、フロントの重量を軽くしたいのであれば

14mmゴム付きプラベアリングの廃強化でもいいと思います。

サイドローラーはあってもなくても大丈夫説がありますが

私の場合は、棚橋ローラーの摩擦弱めx4でスピード4・コーナー安定50を盛ってます。

持っているのであれば、ストレート属性のローラーで速度を盛る。

ないのであれば、軽めのローラーをとりあえず付けてもいいと思います。

リアは不要

ブレーキをゆっくり弱めていき、最終的に外しましたが問題ありませんでした。

ブレーキ以外の目的、スタミナアップや重心調整で付けてもいいと思いますが

私の場合は無くても飛ばないです。

ウイングパーツ

これも、もしかしたら無くてもいいかもしれませんが

コーナー安定240も盛れるので付けています。

もしかしたら、リアローラーを捨てて、

ウイングにローラーを付けるのもアリかもしれませんが

あまりメリットを感じないので試してはいません。

まとめ

細かな強化までは割愛しましたが、全体的にはこういった感じです。

アクセサリは定番の4種類。

飛ばない事が重要なので、小径・大径の組み合わせは諦めています。

かなり速くなるので、空転などを考えない場合は

オメガフォール前でかなりの減速をしないと飛びます。

そこまで試行錯誤するのはちょっと・・・という感じでしたので

あまりセッティングをいじらず流しています。

誰かのお役に立てますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました