【人気記事】ロハコで無印良品をお得に買おう

初めてのマッチングアプリはペアーズがおすすめ!

スポンサーリンク
婚活

ペアーズだけじゃなく、多くの婚活サイト・アプリを使った結果

1度退会したのに再度ペアーズを利用して交際、結婚へと至りました。

なので他アプリの良し悪しを分かった上で、私はペアーズしか推しません。

他のマッチングアプリとは圧倒的に使いやすく、高コスパなペアーズの魅力と、使うまでの不安な要素・その対応方法など、全てを解説します。

pairs3
pairs2
スポンサーリンク

初マッチングアプリに最適な理由

pairs2

いざ始めようと思っても、マッチングアプリは大量にあるし、

どれを選んでいいかわからないと思います。

様々なアプリがあり、それぞれ、良い点があるマッチングアプリですが、

マッチングアプリを初めて使おうとしている方には、ペアーズが最適です。

ただ、最適とは言っても、住んでいる場所に大きく左右されます。

以前は大都市以外の方には圧倒的にペアーズがおすすめでしたが

ペアーズも進化しています。

最近実装された機能のおかげで、大都市の方でも使いやすいアプリになりました。

大都市は人が多いのでライバルも多い

大都市は人数が多いのでライバルも多いのは、全てのマッチングアプリで言えます。

これは、どうしようもありません。

人口が多ければ多いほど、登録者数も多いです。

そんな中に飛び込むと、自分自身が埋もれてしまうだけでなく

理想の相手も発見しきらない可能性があります。

そして、大都市には通常のライバルというのではなく

ハイスペックな圧倒的に戦いにならないレベルのライバルが大量にいます。

そういった人たちは多くの「いいね!」を集め、4桁を超えています。

最初は相手にしなければいいやと思うかもしれませんが、自分に余裕がなくなってくると、そう思い過ごすのもきつくなり、ストレスになってしまいます。

そうなる前に、違うアプローチを試すべきだと思います。

それなら、違うアプリに・・・と考えたくなる気持ちも分かりますが

残念ながら他のマッチングアプリでも状況は同じです。

大都市はマッチングアプリ慣れしている人も多い

別に慣れていても何も問題ないのでは?と思うかもしれません。

しかし、慣れているということは、小手先の技術で引っ掛けられる可能性もあるということです。

世間一般の流れとして、女性がアプリを使って自身の写真に加工を施すことは当たり前になってきています。

この流れは、当然ですが男性の場合でも起きています。

その反応が速いのが大都市です。

大都市では男性がアプリを使って自身の写真を加工することが当たり前になってきています。

これは男女共にそうですが、自身で写真を加工するだけではなく、プロのカメラマンにプロフィール写真を撮影してもらう人もいるぐらいです。

加工アプリ慣れしている男性と、無加工の写真を設定している男性では・・・

結果は言わずもですね。

大都市以外に住んでいる方にはおすすめ

ここで累計会員数1,000万人以上というのが効いてきます。

各都道府県の県庁所在地はもちろんですが、そうでない地域にお住まいの方でも

想像以上に登録している人がいます。

私も登録当時は、「どこですかそれ」と言われてもおかしくない場所に住んでいました。

ですが「意外といっぱいいる!」と正直思いました。

そこにはやはり、累計会員数1,000万人というのが本当に効いています。

pairs2

マイナーアプリは悲惨

では、ペアーズ以外の状況はどうかというと、悲惨です。

全国での登録者数が少ないマッチングアプリが、とある地方都市だけ飛び抜けて登録者数が多いなんてあり得るわけがありません。

そんな事は分かっていました。

分かっていましたが、初回のペアーズ登録時は、私はうまくいきませんでした。

なお太郎
なお太郎

うん。これは、ペアーズと相性が悪いな。違うアプリやろ。

これが最悪の選択でした。

ペアーズを退会して、マッチングサイト・アプリを両手以上

地元の婚活サービスなども片手以上、参加した婚活イベント両手以上で

後から考えると、考えたくないほど散財しています。

最大数の登録者数を誇るアプリから出ると、びっくりするほど人が減ります。

少ない中から選んだ相手に会いに、車で片道3時間かけて行きました。

会ってみたものの、お互いに印象が違うということになったので

思い切って聞いてみることにしました。

なお太郎
なお太郎

「女性側から男性を検索すると、何人出てくるんですか?」

その結果、帰ってきた答えが「6人」です。

同一県内で活動している男性が6人しかいないマッチングアプリって意味あります?

そんなこと言いつつ、同一県内で活動している女性は10人ぐらいでした。

大差ないです笑

確かに、マイナーアプリにはマイナーアプリなりに経験を積むことができましたが

お金と時間はもったいなかったです。

そんなミスを他の人にはしてもらいたくないので、圧倒的な会員数のペアーズを推しています。

会員数が多い=出会える可能性が高い

多くのマッチングアプリがあるだけに、比較サイトも多数あります。

あれが使いやすい、あれは使いにくい、これは安い、こっちは高いけどサービスがいい。

いろんな要因があっても

「会員数が多い=出会えるチャンスが圧倒的に多い」

これには勝てません。

極端な話、10人の中から理想の人を選んでくださいと言われたら、どうやって選びますか?

相手があって大変失礼な話ですが、どうしても消去法になってしまいます。

さらに失礼ですが、消去法で選んだ相手と、今後のお付き合い、結婚がうまくいきますか?

そもそも、お相手とマッチングすらしなかった場合に

「どうせ消去法で選んだし」なんて言わない自信がありますか?

私はないです。

そういった残念な思いをしない・させないためにも、会員数が多いというだけでペアーズを選ぶ価値があります。

また、それほどの会員数になるということは、ユーザーの満足度も高いという結果です。

悪いというマイナスなことはどこかに吐き出したくなるので、ペアーズに対する批判は簡単に見つかると思います。

逆に、ペアーズでお付き合い開始・結婚された方々は、わざわざ「何がどう良かった」的な文章をネット上に投稿しない方が圧倒的に多いです。

載せても「ペアーズで結婚できましたー」ぐらいです。

特にSNS上で幸せな報告をすると、全く知らない赤の他人が叩いてきたりすることもあります。

それぐらい批判は見つけやすく、称賛する記事は見つけづらいです。

pairs3

便利な距離検索をうまく使おう

pairs3

この機能は、サービス開始時にはなかった機能で、多くのユーザーから寄せられた意見を反映させたものです。

2019年6月から実装されています。

この距離検索、大都市にお住まいの方には非常に有効です。

今までは、お相手の住んでいる地域というのが都道府県単位でしか指定できませんでした。

極端な例だと、函館でも釧路でも網走でも札幌でも全て北海道です。

鹿児島の場合も、鹿児島市内でも沖縄に近い奄美大島でも同じ鹿児島です。

これは地方だけの問題ではなく、東京でも同じ状態です。

東京は東京で登録者数が大量にいるので、八王子の方が江戸川区・江東区あたりの方とマッチングしても、東京は便利なので会えなくはないですがちょっと考えものです。

これを解決してくれるのが距離検索です。

距離検索をうまく活用できるのはこんな人です。

  • ある程度、近い距離での出会いを求めている人
  • 仕事帰りにデートなど、完全にオフでない平日も活用したい人
  • 都道府県単位だと規模感が大きすぎると感じてしまう人
  • ある程度遠くても構わないが、遠距離とは言えない距離なら出会いたい人
  • 県境付近にお住まいの人

近い距離感での出会いを求めている人や、特に県境にお住まいの方は嬉しい検索方法ではないでしょうか?

GPSを使って現在地から近い相手を探してくれるという画期的なシステムです。

なぜ今まで実装されていなかったのかが不思議なくらいです。

この距離検索の特徴は

  • 検索範囲が、10km・30km・50km・100kmから選べる
  • あなたの「現在地」を中心にした距離が検索範囲
  • コミュニティに表示される相手も設定した距離範囲が適用される
  • iPhoneやAndroidのアプリ内のみの機能。WEB版はなし。

となっています。

大事なのは、「アプリ版のみの機能」ということと「あなたの現在地が反映」ということです。

現在地なので、あなたが自宅で検索した結果と、学校や職場で検索した結果は違います。

つまり、この距離検索の結果はあなたの位置と相手の位置が動くと結果が変わります。

これが「現在地」という基準での判断の難しいところです。

あなたが距離検索で検索した結果に現れた人は

  • あなたの現在地から◯◯km以内に住んでいる人
  • あなたの現在地から◯◯km以内に通学・通勤している人
  • あなたの現在地から◯◯km以内にたまたま遊びに来た人

このうちのどれかです。

近い距離感での出会いを求める方は、様々なタイミングで距離検索をしてみましょう。

何度も検索画面に現れる人が、本当に近い距離の人です。

有名観光地・テーマパーク付近にお住まいで、

この距離検索をして、何気なく「いいね!」を送ってしまうと

とんでもない距離で生活している人に送ってしまっている可能性があるのでご注意を。

ちなみに距離感ですが、50km以内が限界でしょう。

車で下道を走った場合、片道1時間ちょいぐらいの距離になります。

大都市で距離検索をする場合、30km以内が双方に負担がない距離だと思います。

東京駅から八王子駅までと言葉にすると遠い雰囲気が強いですが、

東京・八王子間は直線距離で約40kmなので近く感じてしまいがちですので

30km以内がベストかと思います。

距離検索を利用するには、スマートフォンの位置情報が必須になります。

初回検索時に、ペアーズ内で「位置情報の利用許可」を求められるので許可をする事と

使用しているスマートフォン本体で「端末の位置情報設定」も許可している必要があります。

「え、位置情報が公開されるのは怖い」という方もいらっしゃるかもしれませんが

最も狭い範囲でも、検索した人が10km以内にいるかどうかしかわかりません。

決して、Google Mapの現在地のようなピンポイントであなたの現在地が検索結果で表示されるわけではありません。

危険な状態には陥りませんので、安心して利用しましょう。

登録者数が多いのは強い

最初はペアーズとの相性が悪いのかもと思い、様々な婚活ツールに手を出しましたが

前述の通り、利用者数が少ないアプリはどこも悲惨です。

登録者数が多いというだけで、そらだけチャンスがあります。

最初からうまく行けばいいのですが、私みたいにうまくいかない時もあると思います。

ただ、それでも

なお太郎
なお太郎

どうやったら、ペアーズをちゃんと活用できるんだろう

と思い、いろいろ試行錯誤した結果

ある女性と出会って、デートを重ねた相手が

私の奥さんです。

チャンスはいっぱいありますので、うまく行くことを願っています!

pairs

コメント

タイトルとURLをコピーしました