【数量限定】熊本県産皇室献上米 販売中

ペアーズ婚活!魅力あふれるプロフィール写真が大切!

婚活

ペアーズだけじゃなく、多くの婚活サイト・アプリを使った結果

1度退会したのに再度ペアーズを利用して交際、結婚へと至りました。

なので他アプリの良し悪しを分かった上で、私はペアーズしか推しません。

他のマッチングアプリとは圧倒的に使いやすく、高コスパなペアーズの魅力と、使うまでの不安な要素・その対応方法など、全てを解説します。

pairs3
pairs2

プロフィール写真は「客観的な」あなたを

検索した時に、結果一覧でずらっと並ぶのは写真です。

この写真の良し悪しで、あなたのプロフィールを見てくれるかどうかが決まります。

写真が全てとは言いすぎかもしれませんが、プロフィール写真でいかに好印象を相手に与えることができるかが最大の鍵です。

極端な話ですが、きれいなリンゴと傷があるリンゴ、どっちに手が伸びますか?

レストランでメニューのなかから、おいしそうな写真を見て、どれを食べるか選びませんか?

リンゴの場合でもレストランの場合でも、どちらも実際の味が分かるわけではありません。

ですが、見た目の雰囲気で「中身が大丈夫そう」「おいしそう」を決めてしまうのです。

検索画面の結果においても、同じことが言えます。

大切なのは、あなた視点でいい写真ではなく、他人からの視点でよい評価の写真です。

あなたが何度も「かっこいい」「かわいい」と自分で思っている写真よりも

他の人が見て「かっこいい」「かわいい」と思える写真のほうが効果的です。

では、プロフィール写真をどうやって用意するのがいいのかお伝えします。

プロのカメラマンに撮影してもらう

そんな事しないでもと思うかもしれませんが、プロの撮影力を甘く見ないほうがいいです。

今のご時世、スマホで簡単に写真を撮影できる環境にありますが

それでもカメラマンがプロとして、職業として成り立っているということは

スマホの写真では超えられない撮影力を持っているからです。

よく、「写真を撮って思い出を残そう」なんて言いますが

プロのカメラマンは写真を撮ってその瞬間、空間を切り取ることができます。

そして、プロのカメラマンはあなたの自然な笑顔を引き出してくれます。

あなたを1番かっこよく・かわいく・美しく写す方法を知っています。

正直、多少の出費がある話ではあります。

しかし、ペアーズの中では写真1つで「いいね!」が貰える世界です。

プロのカメラマンによる撮影は、好印象を与える最高の手段です。

稀に、明らかにプロが撮影したであろう写真を掲載している。

PR文は適当で、1〜2行しか書いていなくてやる気がなさそう。

それでも大量に「いいね!」を送られている人がいます。

写真の影響力はそれぐらい大きいです。

友人と一緒に写っている写真を切り抜いて使う

これは、どんなシーンのものでも大丈夫です。

あなたにとって、気を遣わない友人・知人と一緒にナチュラルな笑顔をしている写真がいいです。

作り笑顔ではない、リラックスした表情・雰囲気は写真からも相手に届きます。

その笑顔が、理想の人と出会った時、友人のように信頼できる人と出会った時にでる笑顔です。

友人と一緒に自撮りも悪くはないのですが、可能であればあなた以外の人が撮ったものの方が

あなたの魅力を引き出してくれています。

友人とドライブや旅行に行ったりした時の写真を探してみましょう。

「あの時の写真ちょうだいよ!」とこれを機に友人にお願いしてみるのも手です。

自撮り・盛るのはほどほどに

自撮りは自分がよく見える意図的な写真です。

「自分のかっこいい・かわいい評価=他人の評価」になることは難しいので

可能であれば、第三者の視点で撮られた写真がいいです。

自撮りは「あなたが見たあなたの姿」であって「相手が見たあなたの姿」ではないので

どうしても自己満足に陥ってしまいがちです。

できるだけ、違う形の写真をプロフィールに載せましょう。

また、どうしても加工アプリで盛ったほうが見栄えが良くなりますが

控えめで抑えたほうが、実際あった時との差がありません。

せっかくマッチングしてうまく行っているのに、盛りすぎたがために

相手に「会ってみたら、写真と全然違う・・・」なんて思われないようにしたいところです。

サブ写真はあってもなくても大丈夫

メインの写真は決まったけど、サブをどうしよう・・・よくある問題です。

ここは、無理にサブ写真を載せる必要はありません。

サブ写真があったほうが、あなたの魅力を発信しやすくはなりますので

仕事・趣味などの写真を1〜2枚ほどあれば十分です。

ここも雑な感じではなく、センスよくまとめることを意識しましょう。

サブ写真はあくまでもサブの扱いになるので

プロフィール内でサブ写真に対する補足を書いてあげると親切です。

サブ写真とPR文が一致することで初めて効果がありますので

サブ写真を活用する場合は、しっかりPR文の中にも盛り込みましょう。

可能ならプロに撮影してもらおう

ペアーズで出会った女性と結婚したわけですが

式を挙げる前に、前撮りを行いました。

生まれて初めて一定時間、カメラマンさんを独占しましたが

プロのカメラマンさんは本当にすごいです。

顔の角度から光の入れ方、表情を引き出す声のかけ方など

前撮りの金額も結構びっくりしましたが、プロの方にお願いして本当に良かったと思っています。

この威力を知っていたら、確実に私もプロフィール写真はプロの方に撮影してもらったと思います。

私のプロフィール写真は、ディズニーランドで撮ったドナルドとのツーショット写真でした。

おかげでディズニー好きな奥さんと出会えて満足です。笑

今思うと、「笑顔の自分+趣味+他人が撮影」という

かなり最高の条件が揃った写真だったと思います。

第一印象って、やっぱり大事ですねー!

pairs

コメント

タイトルとURLをコピーしました