【人気記事】ロハコで無印良品をお得に買おう

出張撮影サービスはおしゃれなラブグラフがおすすめ!安心できるカメラマンと撮影しよう!

スポンサーリンク
サービス

スマホの写真も悪くないけど、せっかくならキレイに残したい。

誰しもが考える事です。

でも、スタジオに依頼して・・・までは費用がちょっと。

最近話題の出張撮影サービスを使ってみませんか?

数ある出張撮影サービスの中でもラブグラフ(Lovegraph)のクオリティは半端じゃないです。

なんでそんなにクオリティーが高いの?そもそも、ラブグラフって何?

そんな疑問を全て解決していきます!

株式会社ラブグラフとは

出張撮影サービスというと、少し堅苦しく感じますが

簡単に説明すると、「写真を撮って欲しい人と写真を撮りたい人を繋ぐサービス」です。

ここで、「写真を撮りたい人=カメラマン」なのですが

写真を撮ることで「写真を通して人を幸せにすること」が大好きな方が

株式会社ラブグラフ代表:駒下純兵さんです。

ラブグラフの原点は「写真を通して人を幸せにすること」

ラブグラフを運営している株式会社ラブグラフ、実は、駒下さんが大学在学中に事業化されてます。

在学中にカメラ好きな先輩の誘いを受け、バイト代を貯めて一眼レフを購入したのが駒下さんの転機だったそうです。

それからカメラにはまり、どんどんのめり込んでいくのですが、SNSの評価や周りに認められたい一心で撮影するようになってしまい

ある時をきっかけに「自分のために頑張っていた」という事に気づき

これからは「写真を通して人を幸せにすること」をしたいと思い、次のステップに進んでいます。

そこから、写真を撮ることで目の前の幸せを再確認してもらうには、どんなテーマがいいのかという試行錯誤の結果、「LOVE」というテーマにたどり着いたんだそう。

友人カップル数組に声を掛けて、集まったところでWEBサイトにアップしました。

それが「カップルフォトサイトLovegraph」つまり、原点です。

創始者であり、経営者である方は、純粋なLOVEをテーマに撮影がしたいカメラマンなんです。

株式会社ラブグラフ代表 駒下さんの熱い思い

また、代表の駒下さんは

「新しいものが出れば古いものは価値が下がっていく物が多い

 時間が経てば経つほど価値が上がっていくのが『想い出』」

ともおっしゃってます。

「今日の写真を明日見直すより、10年後に見直したほうが、ずっと価値が上がっていく」

こういった思いのもと、ラブグラフを運営されてます。

本当に大切なものは、日常のありふれたシーンの中に隠れているのかもしれません。

そんな日常の中にある小さな幸せに気づいて、毎日幸せになることができるよう

ラブグラフは幸せなシーンを写真に残したいという思いを強く感じます。

ラブグラフを検索しようとしたら、変なワードが出てくるけど・・・

2020年3月現在、「ラブグラフ」で検索すると

関連キーワードでマイナスイメージの言葉が出てきます。

これを見て「うわーこんな言葉と一緒に検索している人が多いのか」と思うのは浅はかです。

この関連キーワードは、意図的に悪意のある言葉を入れ込むことができます。

ある企業の評判を下げたいために、調べる目的ではなく「変なキーワードを表示させる」目的で

尋常じゃない回数検索だけ行うと「何度もこの言葉で検索する人がいるぞ」ということになり

全く関係のない言葉が関連キーワードとして表示されます。

一度表示されてしまうと「うわ、なんだこれ」と興味本位で見る人が増えます

そして、そういった悪意がない人も余計に検索してしまうので

ある程度長期間に渡って表示されてしまうというのが現状です。

説明するか迷いましたが、ラブグラフを快く思わない会社?による圧力は良くないと思い

文字にしてみました。

目にしても興味本位で検索しないことをおすすめします。

カメラマンのクオリティーは保証済み

出張撮影サービスは、全国に在住している様々なカメラマンさんと

写真を撮影してもらいたい人を結びつけるサービスです。

なお太郎
なお太郎

でも、カメラマンって言っても、技量がそれぞれ違うから
頼む側もリスクあるよね・・・

私もそう思います。

カメラマンと一言で言っても、得意分野がありますし

それぞれの感性やこだわりがあるので、それが腕の差に繋がります。

ラブグラフのカメラマンさんは、一定のクオリティーを保っています。

それは、どういった基準で選んでいるんでしょうか?

知れば知るほど、驚きますよ。

ラブグラフでは「幸せの感度が高い人」が採用基準の1つ

これはどういうことかというと

ラブグラフは「日常の中にある小さな幸せに気づいて、毎日もっと幸せになってほしい」

そう思っています。

カメラマンさんはラブグラフの理念に対して忠実ですので

目の前の人を本気で幸せにしたい

というのを真剣に考えて撮影に望んでいます。

人の幸せを本気で考えられる人、それがラブグラフのカメラマンさんです。

ラブグラフの登録カメラマン・ラブグラファーへの道は険しい

ラブグラフの登録カメラマンになるには、書類選考とスカイプ面接が行われます。

この2つをパスすることで、晴れて登録カメラマン・・・になれません。

採用というより、これではスタートラインに立てただけです。

書類選考とスカイプ面接を通過した後に、LGC(Lovegrapher Creation)生として研修が始まります。

本人の技量によっては即登録もあるようですが、この研修で撮影技術やホスピタイティ技術を学びます。

この研修は写真の撮り方から、レタッチの具合はもちろんのこと

どういった方法で初対面の方と距離を縮めるか・緊張をほぐすかといったことまで学びます。

そして、ラブグラフの登録カメラマン・ラブグラファーとして一定の基準をクリアすると

先輩カメラマンと同行撮影などを行い、ひとり立ちできるのです。

この、応募からひとり立ち・正式採用までの合格率は10%や5%以下、3%とも言われています。

事実、過去に公表されているものを集めてみると

  • 2017年12月 登録カメラマン 250名以上
  • 2019年2月 登録カメラマン 300名以上
  • 2019年12月31日 登録カメラマン 400名ほど
  • 2020年3月18日現在 ホームページ上からカウント 510名ほど

2017年12月〜2019年2月まで、約1年間で50名しか増えていません。

この時期は恐らく、多くの人と面接をして、ある程度の技量を持ったカメラマンが採用されているのでしょう。

それ以降、採用人数がどんどん増えているように見えますが、クオリティの低下ではありません。

写真歴や機材を問わず「写真の仕上がり・コミュニケーション力重視」で面接を行い

少し足りない箇所がある方にはLGC(Lovegrapher Creation)生という形で

ラブグラフの登録カメラマンになれるよう、研修を受けた生徒さんが

順調に登録カメラマン・ラブグラファーとして羽ばたいている証拠です。

このラブグラフ独自の研修制度があるので、

ラブグラフの登録カメラマン・ラブグラファーであれば、

どんな方でも技量やレタッチの具合は一定の基準をクリアした

「ラブグラフらしい仕上がり」を実現可能ということです。

こういった研修制度は、実は他の出張撮影サービスのカメラマン募集には見られない項目です。

カメラマンも本来はそれぞれの個性があるので、撮影方法やレタッチはばらばらになります。

それを「ラブグラフの研修制度」というフィルターを通すことによって

ラブグラフらしい一定のクオリティを維持したうえで、各カメラマンの味が出せるよう

撮影方法やレタッチをある程度均一化しているのです。

「このカメラマンだからこそ、この写真が撮れる」というのは当然ありますが

研修制度によってクオリティーが保証されている部分があるので

「ラブグラフさんにお願いしたんだから、カメラマンは誰が来ても大丈夫」という

カメラマンが選べない状態であっても、ラブグラフクオリティーが期待できます。

なお太郎
なお太郎

うわー。カメラマン選べないのか。怖いなー。

といった心配は、ラブグラフの場合は無用です。

カメラマンとしてラブグラフに登録されるとさらにスキルが磨かれる

ラブグラフ独自の研修制度を経て、ひとり立ちした登録カメラマン・ラブグラファーですが

そこで終了ではないのがラブグラフ。

年に数回あるラブグラフ主催のセミナーに参加することで

多くの登録カメラマン・ラブグラファーとの交流ができます。

プロが集合して、自身の悩みや問題点を話し合うことで

より一層の技術向上を目指しているのです。

なぜそこまでして、自身の技術向上を目指すことができるのか。

それは、登録カメラマン・ラブグラファー達の志にありました。

ラブグラファーは、いい写真を撮ろうと思っていない。

ゲストさんに喜んでもらうことしか考えていない。

自身の技術向上のためにセミナーに参加するのではなく

目の前にいるお客さん・ゲストに最大限喜んでもらうために努力をする。

そういった意識が個人レベルだけではなく、500名以上の登録カメラマン全員がそうです。

それがラブグラフの登録カメラマンであり、ラブグラファーであるのです。

個々のレベルはもちろんのこと、全体としてのレベルが高いラブグラフ。

だからこそ、459名のアンケート結果が満足度98.5%という高評価です。

また、撮影した写真は、依頼者の同意を得てカメラマン紹介のページにアップされますが

掲載を断る方は少ないようです。

その日にしか会っていないカメラマンに対して、依頼者が

「今回の写真が掲載されることで、多くの人に幸せになってもらいたい。
 そして、撮影してくれたカメラマンも応援したい」

という気持ちにさせられるのは、ラブグラフの登録カメラマン・ラブグラファーの

クオリティーの高さの証拠ではないでしょうか?

だからこそ、「全額返金保証」という制度があることにも納得できます。

(撮影依頼者・カメラマン・ラブグラフの3者合意の場合のみ返金)

出張撮影申し込みから撮影の流れ

出張撮影サービス「ラブグラフ」ご利用の流れ

ラブグラフのお申し込み方法は、公式動画がシンプルに解説してくれています。

ちょっと早めな動画ですが、わかりやすく作られているのでご覧ください。

こちらでは文字で使い方を説明していきます。

出張撮影を依頼する前に決めておくといいこと

予約しよう!となる前に、いくつか決めておいたほうが、後々楽になることがあります。

一例としてあげると

  • どういった理由で出張撮影を依頼するのか
  • 撮影日時はいつなのか
  • 撮影希望場所や撮影イメージはどういった感じなのか
  • カメラマンさんを指名するのかどうか
  • 写真を使って何か作りたいものがあるのかどうか

これぐらいは決めておくといいです。

どういった理由で出張撮影を依頼するのか

ラブグラフには基本的に3プランあります。

手軽な金額で依頼できるライトプランから、

撮影枚数も多くフォトブックもついてくるプレミアムプランなどです。

基本プランは3つですが、

  • ファミリーにおすすめ 1年寄り添いプラン
  • お宮参りプラン
  • マタニティーフォト
  • 結婚の前撮り・後撮り
  • 2次会パーティープラン
  • おひとり様プロフィール写真撮影 「.me(ドットミー)」
  • 新生児撮影 ニューボーンフォト(地域・カメラマン限定)

こういったジャンルでの撮影も行われています。

これはあくまでもラブグラフさんがプランとして打ち出しているだけですので

カップル・夫婦の記念日撮影、誕生日のサプライズ撮影、旅先での記念撮影

ハロウィン、クリスマス、バレンタインデー、ホワイトデー

卒業や入学のお祝い、七五三などなど・・・

◯◯プランがないから撮影できないということはありませんので

あなたの撮影プランをしっかり練り上げていきましょう。

また、期間限定の割引プランも多く用意されており

2020年3月時点では

  • 2020年春の学割り
  • お付き合い年数に応じたカップル応援クーポン(夫婦可)
  • 遠距離応援キャンペーン
  • さくら割り

などのキャンペーンが開催されています。

このキャンペーンはシーズンごとにいろいろと入れ替わっているので

要チェックです。

チェックする際は、公式ホームページ最下部の「Lovegraph Journal」が最新情報なので

こちらをチェックすると便利です。

出張撮影サービスのLovegraph[ラブグラフ]

撮影予定日はいつなのか

これが決まらないと予約のしようがない・・・というのもありますが

予約自体は、カメラマンさんの都合が付けば最短3日前から可能です。

ただ、繁忙期や人気のカメラマンさんのスケジュールは大変なことになっています。

いろいろと考えると、最低でも1ヶ月前に依頼、余裕を持つなら3ヶ月前に依頼したいところ。

どうしても大人気のカメラマンさんに確実に撮影してもらいたいのであれば

最大180日前まで先の予約ができます。

撮影希望場所や撮影イメージを伝えよう

予約時に、撮影する地域によってはおすすめの撮影スポットを提案してくれますが

「ディズニーランド内で撮りたい!」といった希望撮影場所が決まっている人もいると思います。

なお太郎
なお太郎

写真は撮ってもらいたいんだけど、いい場所とかよくわかんないなぁ

大丈夫です。

カメラマンさんと相談して決めるという選択肢もあります。

いいロケーションの場所はカメラマンさんのほうが多く知っている可能性が高いです。

また、カメラマンさんだからこそ知り得る、穴場スポットが出てくるかもしれません。

撮影場所を決めたら、本当にそこで撮影が可能かどうか、確認する必要があります。

これは、カメラマンさんによってはやってくれることがあるかもしれませんが

基本的には「◯◯で撮影したい」と決めた、

あなた自身で撮影許可がおりるかどうか確認する必要があります。

行政が管理するような施設の場合、許可証を書面で依頼しなければいけない場合がありますので

早め早めの確認をしておいたほうが無難です。

もし、こういった構図で撮ってほしいとか、インスタで見たこんな感じで・・・

という要望があった場合、文字で伝えるよりも画像で伝えると伝わりやすいので

事前にその構図をスマホで撮ってみたり、インスタを保存しておくといいです。

ラブグラフのカメラマンさんなら、細かな要望を叶えてくれますよ。

カメラマンさんを指名するのかどうか

公式ページ 出張撮影サービスのLovegraph[ラブグラフ] の「カメラマンを探す」から

都道府県単位でカメラマンさんを探すことができます。

実際に検索すると、カメラマンさんのPR文で雰囲気が分かるだけではなく

実際にそのカメラマンさんに撮影を依頼された方々の口コミや

そのカメラマンさんがお仕事として納品した実際の写真を見ることができます。

そのなかで「このカメラマンさんがいい!」という方が見つかったら

是非、カメラマンさんを指名して依頼してみてください!

ラブグラフのカメラマンさんは、一定のクオリティが保証されています。

その中でもトップカメラマンさんが撮影した写真は、とても目を引きます。

ただ、トップカメラマンとなるとスケジュールも多忙ですし、指名料もかかってきます。

自身のスケジュールや指名料をよく検討して依頼しましょう。

写真を使って何か作りたいものがあるのかどうか

ただ単に写真を撮影してもらえれば大丈夫という方もいらっしゃいますが、

せっかくだから何か物として残したい方も多いはず。

ラブグラフでは、撮影後のアンケート調査と一緒に

様々なアイテムを作成することができます。

一例として

  • フォトブック スタンダード・プレミアム
  • 2L紙台紙
  • 日めくりカレンダー
  • データDVD
  • ウェルカムボード
  • ポストカード2種 合計10枚
  • キャンパスプリント
  • 写真をイラストレーターがイラスト化してくれる イラストオプション

こういった物があります。

ラブグラフでそのまま依頼するのもいいですし

撮影してもらったデータを使って、他のサービスを利用するのもいいと思います。

個人的には、フォトブックにするのであれば

無印良品が推奨するフォトブックBONというサービスが好きです。

実際に発注したレビューもありますので、よかったらご覧ください。

出張撮影をいざ予約!

さて、出張撮影を依頼する前の準備は整いましたか?

どういうシーンで、いつ、どこで、どんなかんじで撮ってもらうのか

決まりましたか?

ここまで決まっていれば、予約は簡単です!

予約する際の入力内容

公式ページ 出張撮影サービスのLovegraph[ラブグラフ] の右上「予約する」ボタンから予約が行なえます。

名前、メールアドレス、電話番号の個人情報の次に撮影シーンを選びます。

学生ファミリーお宮参り
ニューボーンマタニティ結婚前・後撮り
カップルフレンズおひとり

から選ぶようになっています。

これは、カメラマンによって撮影対応ができるかどうかがあるので

選ぶ必要があります。

特にニューボーンという新生児撮影に関してはかなり限られたカメラマンさんのみの対応です。

撮影シーンの選択によって、選べるプランが自動で変わります。

撮影場所は、おすすめの場所をガイドにそって選んでいくか

お好きな場所を地図上から選択することもできます。

そして、撮影予定日を選択すると、その日のスケジュールが空いているカメラマンさんがリストアップされます。

リスト上では

  • カメラマンさんのプロフィール画面TOPの画像
  • カメラマンさんの名前
  • 主な活動地域
  • 指名料がかかる場合のみ、「指名料あり」の表記

この4つのみ表示されます。

スケジュールありきでカメラマンさんを選ぶ場合は、この画面で気になるカメラマンさんを控えておいて、

公式HPトップ 出張撮影サービスのLovegraph[ラブグラフ] の「カメラマンを探す」に行くことで、その方が過去に撮影した写真が出てきます。

カメラマンさんを選択したら、次の「コメント」です。

任意での入力にはなっていますが

  • 撮影人数
  • 希望するシーン・イメージ
  • 撮影を希望する理由
  • 撮影される側の関係性
  • 準備している小物、準備したほうがいいもの

などなど、上げればきりがありませんが

なお太郎
なお太郎

こちらはこういう状況ですよー!
こういう事に困っているので、教えてもらえるとたすかるー!

という内容を送ってあげると、カメラマンさんに引き継いでもらえます。

「任意」なので空白で予約することもできますが

予約完了時にカメラマンさんからメッセージで同じようなことを聞かれると思いますので

あらかじめこちらの情報・状況をカメラマンさんに伝えておくとスムーズです。

キャンペーンプランでなくても、料金が1,000円オフになる

最後に、キャンペーンコードの入力があります。

各種キャンペーンページから予約すると、コードが自動入力された状態になります。

正しいコードが入力されていると「◯◯◯のキャンペーンコードを認証しました」と出ます。

ここが適応されていないと割引されませんので、しっかり確認しましょう。

なお太郎
なお太郎

特にキャンペーン対象プランで撮影の予定はないけど
対象プランの人は割引されていいなぁ

今でしたら、ラブグラフのLINE公式アカウントをともだち登録すると

1,000円オフクーポンが貰えます。

詳細は公式ページ 出張撮影サービスのLovegraph[ラブグラフ] 下部に

大きくQRコードがありますのでご確認ください。

少しでもお得になるので、必ず活用したいところです。

基本の出張撮影プラン3つ

ラブグラフには基本プランとして3つのプランが用意されています。

その3つの基本プランと、随時追加されているプランも合わせてご説明します。

追加プランはスタンダードプランから派生したプランになりますので

スタンダードプランと比較してご紹介します。

ライトプランスタンダードプランプレミアプラン
金額9,800円23,800円32,800円
データ10枚
(追加購入可能)
すべて
(75枚〜)
すべて
(100枚〜)
撮影場所一部限定※全国全国
カメラマンおまかせ指名可能指名可能
時間1時間1〜2時間1〜2時間
グッズなし
(別途購入可能)
なし
(別途購入可能)
フォトブック1冊
撮影回数1回1回1回

これが基本的なプランになっています。

依頼した場所がカメラマンさんからあまりにも遠方である場合は、往復の交通費が発生します。

しかし、基本的にこの料金には交通費が含まれた状態です。

撮影場所が有料施設とかではない限り、プラス料金が発生する事は少ないです。

低料金で利用するならライトプラン(地域限定)

全プラン中、最も安価に済ませることができるのがライトプランです。

なお太郎
なお太郎

安いならそれでいい!決まり!

と言いたいところですが、結構縛りが多いです。

ライトプランの難しいところは

  • 受け取れるデータは10枚分
  • 撮影時の全データを希望する場合、追加費用がかかる
  • 一部地域にしか対応していない
  • 各種割引の対象外

この4つです。

割引に関しては、最安のプランになるので仕方ないといったところでしょう。

カメラマンさんがおまかせになることはデメリットではありません。

受け取れるデータは10枚分、追加費用は高め

受け取れるデータが10枚分というのは、当日10回しかシャッターを切らないわけではないです。

まずカメラマンさんが、1時間の間に撮影した全データの中から、30枚を厳選します。

そのなかから、あなたが10枚を選ぶというやり方です。

10枚以上欲しい!という方には「全部追加オプション」というものが存在します。

これは、カメラマンさんが厳選した30枚だけではなく、当日撮影の全データを受け取れます。

追加費用がかかるオプションとなっており、その費用は10,000円です。

そこまでしてしまうと、トータル19,800円となってしまい割高です。

せっかくだからデータを10枚以上手元に残したい方は

もう4,000円だしてスタンダードプランか、スタンダードプランの割引プラン活用がいいです。

出張撮影は4大都市とその周辺のみ

一部地域への対応となっていますが、都道府県だと

  • 東京
  • 神奈川
  • 愛知
  • 京都
  • 大阪
  • 山口
  • 福岡

7都市に対応しています。

ただ、東京と言っても八王子から江戸川区まで広い範囲をカバーしているわけではありません。

7都市それぞれの撮影可能場所は

都市撮影可能場所
東京・東京駅周辺      ・昭和記念公園
・葛西臨海公園周辺   ・代々木公園周辺
・お台場海浜公園周辺
神奈川みなとみらい周辺
愛知庄内緑地公園周辺
京都祇園周辺
大阪服部緑地周辺
山口山口市中央公園周辺
福岡大濠公園周辺

となっています。

安価なので、場所についてはこちらがカメラマンさん都合に合わせるといった感じです。

カメラマンさんが選べないのはデメリットではない

カメラマンさんはおまかせですというと、ちょっとマイナスイメージを持たれるかもしれません。

しかし、ラブグラフ所属のカメラマンさん達は、突破率5%以下の社内研修をクリアした方です。

どんなカメラマンさんが撮影しても仕上がった写真は「ラブグラフらしさ」を持ち合わせた写真です。

ただ、カメラマンさん全員が同じ「ラブグラフらしさ」クオリティーではなく

その「ラブグラフらしさ」に加えてカメラマンさん個人の技術が追加された表現になります。

口コミや過去の実例の多さを気にする方もいると思いますが

所属歴が長ければ長いほど口コミや過去の実例は蓄積されるだけです。

新しいカメラマンさんであっても、

「数年後はトップカメラマン、指名料も高い!でも、初期の作品に自分がある!」

という事なんてあり得る話です。

実は凄い実績の方で、ラブグラフへの登録が浅いだけかもしれません。

例えおまかせであっても、ラブグラフさんが選んでくれたカメラマンさんです。

これはデメリットとは思えないので、安心して撮影に望みましょう!

スタンダードプラン、これを選べば間違いなし!

このスタンダードプランを選ぶことで、多くのシーンをカバーすることができます。

ただ、こんな撮影の時は少し気をつけたほうがいいケースもあります。

  • 撮影に参加できるのは10名まで
  • 家族・親族は問題ないが、いとこ家族など2家族はNG
  • 運動会・入学式・卒業式などのイベント中の撮影はNG
  • 動画撮影不可

参加10名までと、意外と多くの人数に対応してもらえますが

10名を超える場合は追加費用が発生します。

また、10名の中にほかの家族が入ってしまうのはNGのようです。

あくまで1家族単位での撮影になってしまうので、いとこ家族と一緒に撮影という場合は

それぞれの家族が申し込む必要があるようです。

各種イベントもイベント中の撮影はNGになっています。

これに関してラブグラフ側からの明確な理由の掲載はありませんが、恐らく、

イベントの主催者への許可や、不特定多数の方の映り込みによる

プライバシーへの配慮などが理由になるのではないかと思います。

これは仕方ないですね。

動画撮影NGに関しては、あくまで写真の撮影で来ていただいているので

依頼の範囲外といったところでしょう。

なんでもOK!というわけではないので、

細かいところはカメラマンさんと打ち合わせしましょう。

プレミアプランはフォトブック付き

スタンダードプランよりも少し豪華なプランがプレミアプランです。

何が豪華かというと

  • 最低保証枚数75枚が100枚に増える
  • お気に入りの20枚を使ったフォトブックがついてくる

この2つがスタンダードプランとの違いです。

違いです。

なお太郎
なお太郎

こ、個人的にはスタンダードプランで十分じゃないかなと・・・

そ、そういうことです。

スタンダードプランを選んだ場合でも、あとからフォトブックを発注することが可能です。

私は、無印良品が推奨するフォトブックBONというサービスが好きです。

実際に発注したレビューもありますので、よかったらご覧ください。

豊富な特別プランも用意

ラブグラフには、いろんなシーンに特化したプランがあります。

これは2020年3月時点のプランですが、今後も新たに追加されると思います。

期間限定で行っているプランもあります。

その都度更新していきますが、現時点でのプランはこういった感じです。

学生は圧倒的にお得!学割りプラン

2020年3月31日までの申込み、2020年4月12日まで撮影完了の期間限定プランです。

内容はスタンダードプランのまま、価格がなんと4,000円オフ!

19,800円で出張撮影を行ってもらえます。

価格もリーズナブルになって嬉しいですが、さらに嬉しい点が

  • 最大10名まで撮影に参加可能
  • 25歳以下の学生(高校・専門・短大・大学生)が1名でも居ればOK

これです。

10名以下であれば、友達と一緒にワイワイ撮影できます。

しかも、25歳以下の学生が1名でも居ればいいので、学生を含む家族や職場なども対象です。

学生さんは学生というメリットを最大限活用しましょう!

成長を振り返る「1年寄り添いプラン」

こちらは、1年間の間に3回スタンダードプランが受けれるものになっています。

単純計算でスタンダードプラン3回だと

23,800円 × 3回 = 71,400円

ですが、総額69,800円で依頼可能ですので1,600円お得です。

それだけではありません。

3回の撮影終了後、1年の記録としてフォトブックが1冊プレゼントされます。

フォトブック作成を依頼した場合、4,500円かかるのにそれが無料!

撮影時の差額と合わせると、トータルで6,100円お得なプランになっています。

子供のお宮参り → ハーフバースデー → 1stバースデーのように

お子さんの成長を記録に残したり

GW → 夏休み → 冬休みのような1年の旅行3回分など

様々な組み合わせで楽しめるお得なプランです!

2次会フォトプランは写真を参加者にシェアできる!

結婚式の2次会を撮影してくれるプランです。

プラン内容としては

  • 価格 39,800円
  • データ枚数 100枚以上〜200枚
  • 撮影時間 2時間
  • 参加可能人数 200名
  • 参加人数分のフォトデータダウンロードカードあり

となっています。

参加可能人数は200名と、かなり大きなパーティーでも対応できます。

このプランの最大の特徴は「参加人数分のフォトデータダウンロードカード」これです。

こういったパーティーでカメラマンさんが入ったとしても

後日データが手に入れられるのは主催者だけです。

これをラブグラフさんに依頼すると、参加者全員がサイト経由で閲覧・ダウンロードできます。

ほぼ全国民がスマホを持っていると言ってもおかしくないこの時代に

参加者全員が写真を楽しめるなんて、これ以上のサービスはないと思います。

しかも写真の出来上がりまで約1週間!

繁忙期は多少前後するかと思いますが、想い出冷めやらぬ間に写真が見れます。

2次会と付いていますが、同窓会や忘年会などは問い合わせにて対応とのことなので

幅広いパーティーで活躍してそうなプランです!

ただ、他のプランと違う分、注意が必要な部分もあります。

  • 申し込み期限は当日の3週間前まで
  • カメラマンさんを指定しても対応が難しい場合がある
  • 式中・披露宴中などの撮影は不可
  • 写真データが200枚の上限あり
  • キャンペーン、割引の対象外

特に申し込み期限に関しては、参加者全員分のダウンロードカードの用意があるので

3週間前までと早めの期限になっています。

生まれたての赤ちゃんを撮影!ニューボーンフォト

これは、生まれて3週間以内の赤ちゃんを写真に残そうというプランです。

生まれたての可愛らしい姿を残すだけでなく、ラブグラフクオリティーで残ります。

ここでの注意点は

  • 対応できるカメラマンさんがかなり限定されてしまう
  • 対応カメラマンベースになるので、対応地域も限定的

そうです。どうしても、対応地域が限定されてしまいます。

ただ、そういった問題をクリアした場合の仕上がりは凄いです。

ニューボーンフォトを撮影するにあたって、決まっていることは

  • ニューボーンフォト認定カメラマンさんのみが対応
  • 撮影時間は3時間まで対応
  • 撮影枚数は30枚以上
  • かご・おくるみはカメラマンさんが用意
  • 高度なレタッチのため、お渡しまで2週間必要
  • 自然光のみでの撮影
  • 個人的な理由でない限り、キャンセル料・延長料は発生しない

こういった条件が決まっています。

そして、実際に撮影された生まれたての赤ちゃんがこちらです。

画像はラブグラフさんのニューボーンフォト専用インスタアカウントからお借りしています。

凄いの一言です。

専用アカウントには実際の写真が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

価格としては39,800円ですが、期間限定で10%オフというキャンペーンがあったりします。

キャンペーンもチェックしながら、赤ちゃんの予定日も見ながら

かわいい写真を残してみるのも大切だと思います。

出張撮影をお願いする際の注意点

ラブグラフを使って出張撮影をお願いして綺麗な写真と楽しい想い出を作るには

ある程度注意をしておかなければいけないことがあります。

楽しむための最低限のルールといったところですね。

小物・衣装の用意は自分で行う

ラブグラフの出張撮影はあくまでも「カメラマンさんを派遣する」サービスです。

撮影時に小物や衣装、メイクが必要な場合は、全て自身で準備する必要があります。

実際にラブグラフを利用してフォトウェディングをされた方の口コミを見ると

小物やドレスを含め衣装などは全部ご自身で準備されています。

レンタルされてる方もいらっしゃいましたが、多くはメルカリなどのフリマアプリを使っているようです。

フリマアプリで調達して、使用後もフリマアプリで販売すれば

レンタルより安く済みますしね。

キャンセル料はプラン次第、延期料は一律

多くのプランのキャンセル料は、3日前までかかりません。

ただ、2次会フォトプランなどは、参加人数分の配布物の作成があるため

3日以上前であっても料金の10%がキャンセル料として発生します。

そして、現状の全プランは2日前・前日のキャンセルであれば料金の50%

当日のキャンセルは料金の全額となっています。

延期の場合は、3日前までは無料、2日前・前日は3,000円、当日は5,000円です。

悪天候によるキャンセル・延期は費用が発生しないことになっていますが

「悪天候」の判断はカメラマンさんの判断になります。

これは難しいところなのですが、

それぞれの天気には、それぞれの良さがあります。

なお太郎
なお太郎

いや、雨で撮影とか無理でしょ・・・やっぱり晴天!晴天!

そう思っていましたが、雨の日に撮影されている写真がこちら

こちらは、ラブグラフ公式インスタアカウントからお借りしました。

傘がもはや撮影用のアイテムに見えます。

公式ページでも雨の日のアルバムを公開しているので、必見です。

天気に左右されないどころか、雨の日の特性を活かした写真もあります。

撮影場所の許可をしっかり確認しよう

そんな、写真を撮るだけだし、大丈夫だろうと思っていても必ず必要です。

申請1つ出してないだけで台無しに・・・なんてことにならないように。

なお太郎
なお太郎

実は、結婚式の前撮りを公園で行っていたら
「何の撮影ですか?許可は?」
と公園の管理人的な人に詰め寄られたことがあります。
しっかり許可申請をしていたので事なきを得ましたが・・・

テーマパークや有料施設、特定の建物での撮影はもちろんのこと

公園などは行政が管理しているため許可が必要な場合があります。

必ず撮影許可を得てから撮影に望みましょう。

データ受け取りは期限なし

撮影が終わり、通常であれば1週間程度で写真が受け取れるようになります。

受け取り方法は、公式ページ 出張撮影サービスのLovegraph[ラブグラフ] 右上にある

「ログイン」から進む、マイページで受け取れます。

なお太郎
なお太郎

あぁーWEBで受け取りかー。期限来れる前にちゃんと保存しないと・・・

大丈夫です!

ラブグラフで撮影依頼したデータは、保管期限がありません!

撮ってもらったデータ入ったDVD・USB・SDどこいったーーーー

USBにジュースかかっちゃったーーーー

ラブグラフで撮影依頼してあれば、何度でも保存できます。

スマホが何度変わっても何度も保存できるのは重宝します。

また、同じページで「写真を公開するか非公開にするか」が写真ごとに選べます。

これは公開することをおすすめします。

なぜかと言うと、公開することでカメラマンさんのアルバムに追加されるので

お世話になったカメラマンさんを応援することができるからです。

あなたに応援された事がきっかけで、多くの方に指名されて応援されたカメラマンさんが、

気づけば有名ラブグラファーになっているかもしれません。

幸せな時間を提供して、カメラに収めてくれたカメラマンさんにも幸せになってもらうために

写真は公開してあげるといいですね。

出張撮影をお得な料金で使おう

ラブグラフでは頻繁にキャンペーンが開かれています。

2,000円以上お得になる場合が多いです。

各種SNSで情報を発信していますが、ついつい流れてしまいがちです。

公式ページ 出張撮影サービスのLovegraph[ラブグラフ] の最下部にある

「LOVEGRAPH Journal 」というのがラブグラフの最新情報を発信してくれています。

お得情報のチェックはここが1番です!

過去に開催されたキャンペーンも見れるので

今年もこの時期に似たようなキャンペーンがあるかも・・・という予測ができます。

ぜひチェックしてみましょう!

【まとめ】日常の幸せを残そう

ラブグラフは「幸せ」に対する想いが強く、所属しているカメラマンさん達も

「日常にある幸せ」の瞬間を逃さず写真に残してくれます。

日々の生活は、数え切れないほどの小さな幸せに溢れています。

その小さな幸せを記録に残すには写真です。

しかし、どうしても写真を撮るとなると、撮影者が必要になります。

家族や友人、最悪通りがかりの人にお願いするのも悪くないですが

それは日常ではない、かしこまった状態になってしまいます。

家族は家族全員が同じシーンを共有してこそ家族です。

そこに彼氏・彼女、旦那さん・奥さん、どちらかが欠けるのはもったいないです。

全員が揃った状態で、しっかりと記録に残してくれる。

今この瞬間、何気ない日常の中の幸せを見つけて、私達に教えてくれる。

そんなサービスがラブグラフです。

みんなで日常の小さな幸せに気づいて、「幸せの瞬間をもっと世界に」発信していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました