【数量限定】熊本県産皇室献上米 販売中

ホストの心を詠む「ホスト万葉集」で現代の歌舞伎町を探ろう

Twitter・SNS

浮き沈みの激しいホストの世界

歌舞伎町を舞台に繰り広げられるホストの世界を垣間見れる

現役ホストが詠んだ短歌、「ホスト万葉集」が最高に面白そうです。

詠んだのは75人のホスト

この「ホスト万葉集」は現役ホスト75名が詠んだ短歌が収録されています。

そのホストも、歌舞伎町では有名な「スマッパ!グループ」が参加しています。

当然、スマッパ!グループ会長で歌舞伎町商店街振興組合常任理事の手塚マキさんも

短歌を作っているとのこと。

なお太郎
なお太郎

ホストが短歌、短歌というと

「啖呵を切る」的な意味合いで聞こえそうですね笑

現役ホストの生きた短歌が収録されているそうです。

収録されている数が凄い

最初は、ちょろちょろっと短歌が入っていて

あとはエピソード的なものかなーと思っていましたが

なんと、短歌の収録総数が・・・約300首!!!

約80名のホストが参加しているので、1人あたり4首もの短歌を収録しています。

これ、沢山ある短歌の中から選び抜いてこの数だと思うので

構成段階では、一体どれくらいの数が集まっていたんでしょうか・・・

探してみたら、もともとは900首あったようです。

それを選別する作業を考えると・・・恐ろしいですね。

[ad]

短歌の選人に俵万智さん

多数寄せられたホストの短歌を選出したメンバーの中に

サラダ記念日で有名な俵万智さんもいらっしゃったようです。

ホストは恋愛をある種、職業にしている人たちなので、きっとバラエティに富んだ素材を持っているだろうと思いました。また彼らが日頃、SNSやLINEを活用して営業していると聞いて「短い言葉で思いを伝えてコミュニケーションを取っている人たちだから、短歌と相性がいいのではないか」と思ったんです。

「ホスト万葉集」選者・俵万智さんインタビュー 愛や恋が渦巻く2020年の「サラダ記念日」|好書好日

確かに。

短歌の題材は恋愛などの恋模様が多いので、

ホストとの相性は抜群なのかもしれません。

ただの作品集ではない

選人の俵万智さんは

「1人の架空のホストが歌舞伎町に来て、ホストの世界に徐々に慣れていく」という構成

これをもとに、短歌を選んでいったようです。

なので、序盤の方はあまり完成度としては高くない短歌があるようで

ページをめくっていく度に、1人の架空のホストの成長とともに

短歌も成長を遂げていくような作品に仕上がっているのだそう。

これはもう、ただの短歌集ではないです。

[ad]

コロナ禍の状況も反映された歌集

作品の中には、コロナ禍の歌舞伎町を反映しているものもあります。

公開されているものだと

歌舞伎町 東洋一の繁華街 不要不急に殺される街(江川冬依)

まさにこれです。

他にもいくつかあるようなので

まさに、ホストの光と闇が見える

そんな1冊になっているようです。

追記

何故か「ホスト万葉集」と検索すると

関連ワードに「宮野真守」と出てくるようです。

なお太郎
なお太郎

あの宮野さんが詠んだCDでもあるのか!?

と思ったのですが、どうやら源氏名「宮野真守」で活動しているホストさんがいらっしゃるようです。

非常に紛らわしい・・・

でも許しちゃう!パイパイパイン!

まさかの2巻

結構反響があるようで

まさかの第2巻が発売されました。

いやー。世相を反映していて、結構面白いですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました