【数量限定】熊本県産皇室献上米 販売中

Google「広告配信を一時的に制限しました 」制限解除されない理由は自分にあった

person using macbook drinking coffee その他
Photo by Firmbee on Pexels.com

それは突然のメールから始まります。

Googleからの非常に怖いタイトルのメール

「お客様の AdSense アカウントでの広告配信を一時的に制限しました」

なんだこれ・・・

必死に格闘し続けて、どうにか制限解除の鍵を見つけました。

AdSense プログラムポリシーを守れと言われても・・・

メールの内容は

  • 広告配信を一時的に制限したよ
  • AdSenseプログラムポリシーを守ってね
  • 制限する期間は30日未満だけど、それ以上も覚悟してね
  • 改善されなかったら、強制措置かアカウント凍結ね
  • いまのところ使えるから、問題解決してね

こんな感じです。

さすが世界のGoogle先生。

直接的な問題解決策を教えてくれません。

これはもう、必死に「プログラムポリシー」を熟読するしかないのだろうか・・・

[ad]

とにかく見直す

こういった問題に直面する人は、基本的に無意識だと思います。

今まで何も問題なかったのに、なんで急に!

そんな方も多いのではないでしょうか。私もそうです。

そして、必死に見直しが始まります。

まっとうなブログ運営をされている方なら

  • 自分で広告をクリックする
  • 意図的に広告を踏ませる配置をする
  • 広告満載にする
  • 怪しい内容の記事を掲載して広告収入を得る

こんなことは、まずやっていないと思います。

それでも制限・・・全くわかりませんでしたが

とあるページを見直している時に、ふと思いました。

恥ずかしいレベルの過去記事

ブログを運営し始めて、必死に「100記事!100記事!」みたいな感じで

何もわからず手探りで記事を書いていた時代の記事をふと見ると

「月間閲覧数2」

まぁ、そんなものです。

むしろ、あんな記事をよく2名の方が閲覧してくれた・・・そんなレベルです。

その記事を表示させてみると、なんと、掲載されるはずの広告欄から広告が消えている。

これか!!!と思いました。

そうです。

あまりにも見向きもされない記事=広告を出す価値もない記事

よって、制限をかけられたのでは・・・

そう思い、必死にリライト・・・することはせず

月間閲覧数が1桁という恥ずかしい記事の全てから広告を剥がしました。

これで解決!

よかったです!!!

まさかの解決してなかった

処理を終えて、1ヶ月ほど放置していたら

また、同タイトルのメールがGoogleから飛んできました。

恐怖ですよ、恐怖。

もうこれはなすすべがない。助けてくれー!!!

そういう思いで必死に検索してみたところ

思い当たるフシがありました。

Youtubeです。

自分の動画を見てはいけない

ブログ運営と同時に、私はゲームメインのYoutubeチャンネルを収益化しています。

動画を作っていた経験もあり、多少の動画なら作れます。

収益化の一部として、Youtubeを利用し始めたのですが

作り終わって、アップして完了!

でも、私だけでしょうか?自分の動画、好きなんですよ笑

明石家さんまさんと同じ状態ですね。

自分が作った動画を見て、笑うまではいかないにしても、普通に楽しんでます。

それがまずかった。

スキップ不可広告の罠

AdSenseのプログラムポリシーの中に「広告を自分でクリックしてはいけない」といった

内容の文章があります。

当然です。

自分でクリックしていいのであれば、ツールでも作って自身の広告を鬼クリックすればいいですからね。

そんなことはわかっています。

が、Youtubeまでは意識がいきませんでした。

Youtube内に流せる広告も様々なタイプがありますが

基本的に「広告をすべて見きって初めて収益が発生します」

なので、広告スキップボタンを押したものは収益につながっていません。

たまにある、強制広告・スキップ不可広告は流れるだけで収益です。

これです・・・

私は自分の動画が好きすぎて、Youtubeで自分の動画を見ていました。

そうすると、当然広告が流れてきます。

そうです。

自分がアップした動画を見て、スキップ不可広告が流れて、収益を発生させていました。

オーノーですよ。マジで。

[ad]

駆け出しYoutuberは気をつけること

多分、でかいチャンネルを運営している人は関係ないかもしれません。

もしくは、再生回数が大量にある場合、自身が閲覧しても割合的に低いので

見逃してもらえている可能性があります。

Youtubeで収益化できているといっても、アルバイト生活にも満たないです。

そんな再生数で自分の動画を見ていたら、パーセンテージも必然的に上がります。

これがGoogle先生に「お前、不正に広告収入を得てるだろ」と指摘された理由です。

そりゃーサイトをいくら見直してもだめなわけです。

出先やスマホで自分の動画を見る時は、動画データを直接見るように心がけようと思います。

ちょっと寂しいですが、仕方ないですね・・・

created by Rinker
¥1,832 (2021/09/20 11:06:38時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました